ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

イタリアで大人気の電動キックボード!日本でも電動キックボードが解禁され今後どうなる?

イタリアで大人気の電動キックボード!日本でも電動キックボードが解禁され今後どうなる?
イタリアでは最近、電動キックボードがブームとなっています。コロナ禍で、電車などよりも密になりにくく、手軽というのが人気の理由でしょう。ここでは、イタリアの電動キックボード事情から、日本の状況やおすすめもあわせてご紹介します。

イタリアの電動キックボード事情

電動キックボード

イタリア語で、電動キックボードはMonopattino Elettrico(モノパッティーノ エレトリコ)といい、ティーンネージャーから大人まで通勤や通学に、そして遊びに出かけるときに使われています。

劇的に増えた理由は国からの購入補助

イタリアでここまで電動キックボードが人気になった理由は、コロナ禍でなるべく密を避けて通勤や通学するために、自転車など手軽な方法を探していた人が多かったことがあげられます。

また、イタリア政府も、コロナ対策で電車やバスの本数を減らしたこともあり、どうしても密になりやすい状況になり、その解決策として自転車や電動キックボードを推奨していました。

そして、推奨するのと同時に、自転車と電動キックボードを買う場合、イタリア政府からの最大6割、500ユーロの購入補助の支給があったことも、電動キックボードの購入を促したといえます。

シェアキックボードも人気を後押し

電動キックボード

日本でも、最近はシェアサイクルが人気ですが、同じようにイタリアでは、シェアキックボードも大人気です。シェアキックボードの会社に登録さえすませていれば、必要なときにサッと乗って、好きなところで乗り捨てられられます。

気分転換にはもちろん、駅から会社など短距離でもOKですし、スカートで乗ることができるなど使い勝手がよいことから、男性だけでなく、女性にも人気が高いわけです。

筆者も、数回利用したことがありますが、とにかく操作が簡単で便利です。

 

日本での電動キックボードの状況は?

電動キックボード

日本でも、電動キックボードが解禁になりました。自転車よりもコンパクトでしかも漕ぐ必要がなく、手元のレバーでアクセル・ブレーキの操作ができるので、スマートに移動できます。

ただ、イタリアとは基本的なことで、大きな違いがありますので、それについて説明しましょう。

イタリアとの違い①原動機付き自転車に該当

日本の場合、電動キックボードは原動機付き自転車に該当します。電動キックボードは、一定以上の出力の原動機を使用し、ある程度スピードもでるということで、自転車とは違うカテゴリーになるようです。

この部分がイタリアとは大きく違う部分です。イタリアでは、電動キックボードは自転車と同等のあつかいのため、規制もほとんどありません。イタリアでシェアキックボードが短期間で人気になったのは、こういったことが理由かもしれません。

イタリアとの違い②公道での走行は免許や保険への加入が必要

日本では電動キックボードは、原動機付き自転車のため、免許が必要です。公道で走行するには必要な装備や手続きが必要になります。

乗るための条件や手続き

  • 保険への加入
  • ヘルメットの着用、免許の携帯
  • 軽自動車税の納税

乗るために必要な装備

  • ナンバープレート
  • サイドミラー
  • 前照灯
  • 番号灯
  • 方向指示器

また、ナンバープレートの交付は、自治体で行われていますし、上記にあげた必要な装備はほんの一部であり、前照灯やナンバープレートなどの位置なども、細かく決められています。

公道で乗るための基準を満たしていないと、罰則の対象になってしまうので、くわしくは各自治体や国土交通省のサイトなどを参考にしたり、直接お問い合わせください。

ページ: 1 2
   
   
「SUNPIE」電動キックボード キックスクーター 黒 白 折り畳み式 大容量LG製バッテリー 最大時速24キロ 軽量 3段変速ギア 耐荷重120kg LEDライト搭載 液晶モニタ 電子ブレーキ アルミニウム製 男性 女性 子供 誕生日 プレゼント ギフト包装選択可能 6ヵ月全体保証 修理代無料【PSE規格品】【PL保険】
SUNPIE-JP

 

レジャーニュースカテゴリの最新記事