ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ロードバイクの基本姿勢「エアロポジション」ってなに?エアロポジションを習得しよう!

ロードバイクの基本姿勢「エアロポジション」ってなに?エアロポジションを習得しよう!
ロードバイクを始めたら、まず覚えたいのがエアロポジションです。空気抵抗を考えた乗りかたで速く、そして体に負担をかけずに乗ることができます。ここでは、エアロポジションの方法やフォーム習得のポイントについて解説します。

エアロポジションとは

ロードバイク エアロポジション

ロードバイクでは「空気抵抗」が速さの鍵といってもいいぐらい重要です。ここではエアロポジションとはどういったものなのかくわしく解説していきましょう。

速く走るにはエアロポジションが必須

ロードバイクでは「エアロ」という言葉をよく聞きます。たとえば、空気抵抗を考えたエアロタイプのバイクやヘルメットがありますし、レースなどで、空気抵抗の少ないエアロジャージを着用するといったことです。

ロードバイクを速く走らせるために、空気抵抗をなるべく減らすというのは鉄則です。この、空気抵抗をなるべく減らすために前傾姿勢をとるフォームのことを、エアロポジションといいます。

ロードバイクの強みであるスピードを出すには、ペダリングだけでなく、空気抵抗を考えた乗りかたをすることが大切になります。

そのため、ロードバイクを乗り始めたら、エアロポジションの習得が必要なのです。とくにライド中、風が吹いているようなときに、この姿勢が威力を発揮します。

足への負担も減る

ロードバイクに乗り始めて、間違ったポジションで乗っていると、どうしても重心がおしりにくるため、痛くなります。また、慣れないうちは前傾姿勢は簡単ではなく、肩や首が痛くなってくることも多いのです。

エアロポジションがロードバイクの基本姿勢ともいわれるのは、この姿勢を習得すれば、おしりの痛みと足への負担が確実に減るためです。

しかし、エアロポジションをすれば、これらの痛みがゼロになるかというと、そこまではいきませんが、それでもポジショニングが簡単になります。

 

エアロポジションの方法

ロードバイク エアロポジション

エアロポジションの方法は、2種類あります。

エアロポジションの方法①ドロップハンドルをつかう

ロードバイクは、一般的に上ハンドルと呼ばれるハンドル上部、レバーのブラケット、下ハンドルの3つの部分を持つことができます。下ハンドルであるドロップハンドルをつかむことで、自然にエアロポジションをとることができます。

このとき、上半身を地面と水平になるような姿勢をとり、なるべく風を受ける部分を少なくなるようにします。

エアロポジションの方法②DHバーをつかう方法

DHバーというのは、ハンドルバーのまんなかに装着できるバーで、TTレースやトライアスロンで使われます。DHバーは、その上にひじを乗せて前傾姿勢をとるので、慣れるとこの姿勢がラクですし、ドロップハンドルよりも、位置が前になるので、空気抵抗も少なくなります。

しかし、DHバーをつかった姿勢は、初心者にはバランスが取りにくいというデメリットも。まずは、ドロップハンドルで慣れてから、DHバーをつかった方法を取り入れるのがおすすめです。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事