ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

3Dエアクッションが衝撃吸収!自転車サドルカバーがまるでソファのような座り心地に

3Dエアクッションが衝撃吸収!自転車サドルカバーがまるでソファのような座り心地に
この自転車サドルカバーは特殊な3Dエアクッションで自転車サドルのお尻の衝撃を効果的に吸収。通気性も抜群。エアクッションはポンプで空気圧を調整可能。長く使ってもヘタレない。生地にポリウレタン弾性繊維ライクラⓇ採用。幅広いサドルの形状にジャストフィット。

自転車サドルカバー

自転車サドルカバー

堅いサドルの座面がフワフワのソファに早変わり。
しかも桁違いの衝撃吸収力でロングライドでもお尻は快適。
レギュラータイプとロードバイクタイプの2種類からお選びいただけます。

特殊構造の3Dエアクッション

自転車サドルカバー

【3Dエアクッションカバー】はヨーロッパなどで有名なJFT社製の特殊構造エアクッションを使用しています。
TPU(熱可塑性ポリウレタン)とポリウレタン弾性繊維ライクラⓇの混合生地で3D(立体構造)のエアセル(気泡)を作成。※1
各エアセルをチューブで繋ぐことで動きや衝撃に応じて空気が循環し、ふわふわクッションが常にお尻にフィット。
効果的にお尻に掛かる圧力を分散します。

※1ライクラ®(LYCRA®)はThe LYCRA Companyの商標です。

通気性抜群のブロック構造

自転車サドルカバー

長時間のロングライドではお尻はサドルと密着し汗の逃げ場がなく、とても蒸れやすいですよね。
【3Dエアクッションカバー】は3cm厚、7つのブロックで構成されています。
各ブロックは空気の抜け道となっているので通気性が良く、長時間のロングライドで汗をかいてもお尻は常にサラサラ状態。
汗でサドルからお尻が滑り落ちることもありません。

ポンプで空気圧を調整可能

自転車サドルカバー

市販のサドルクッションの多くは充填材にポリウレタンが使われているため、大気中の水分で加水分解します。

自転車サドルカバー

【3Dエアクッションカバー】は付属のエアポンプでエアセル内の空気圧を調整可能。約10プッシュでほどよく膨らみます。
もちろんプッシュ量で自在に自分好みのクッション性に調節できます。
【3Dエアクッションカバー】のエアセルは耐久性、耐摩耗性、耐衝撃性に優れたTPUを使っており、空気が抜けてもエアポンプで即充填。
末永く心地よいクッション性が保てます。

サドルの形に合わせてジャストフィット

自転車サドルカバー

【3Dエアクッションカバー】は生地に伸縮に優れたポリウレタン弾性繊維のライクラⓇを採用し、メーカーごとに異なるサドルの形状に関係なくジャストフィットします。
ライクラⓇはクモの糸のように細くて丈夫な上、引っ張ると元の長さの4~7倍も伸び、緩めるとすぐに元に戻る特殊素材。
だから用途ごとに自転車を替える方でも、【3Dエアクッションカバー】が1つあれば使い回せて大変便利です。
装着も被せて留めるだけの2ステップで超簡単。たった3秒で脱着できます。

粒状の滑り止め

自転車サドルカバー

走行中にクッションがサドルからずれたり落ちたりしないか心配になりますよね。
【3Dエアクッションカバー】の裏生地全面に粒上の滑り止めを設置。
走っている時にクッションがサドルからズレることなく、快適な乗り心地をキープします。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事