Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!10月第2弾は、国内販売開始となる「メープルウォーター Maple3」

おしりが痛くならない機能的な自転車サドルの選ぶポイントを教えます!

おしりが痛くならない機能的な自転車サドルの選ぶポイントを教えます!
   
自転車のサドルは、自分に合うものを見つけるのはなかなか大変です。乗っているとおしりが痛くなったり、なんだかピタっとこないなど、サドルの悩みはいろいろ。ここでは、サドルを選ぶときのポイントをお教えしましょう!

まずは機能性を確認しよう

自転車サドル

 

自転車のサドルには、いろいろな機能がついています。

たとえばクッション性、軽量性などがあります。

それぞれ、どういうタイプの人にはどの機能が必要なのかということもまじえて説明しましょう。

 

おしりがいたくならないクッション性まずは機能性を確認しよう

自転車に乗っていると、おしりが痛くなりやすいという人は、やはりクッション性に優れているサドルがおすすめです。

ただクッション性が高いということは、その分衝撃を吸収する機能がついているということなので、重たいというデメリットもあります。

しかしロングライドなど、速く走ることに重きをおいていない場合は、クッション性が高いサドルのほうが、快適に走ることができます。

クッションの素材は、特殊なゲルや低反発ウレタンフォーム、ポリウレタン発砲マット素材んどいろいろとあります。

クッション素材によって、柔らかさも違っているので、自分にあうものを選びましょう。
 
自転車サドル自転車サドル ソフトサドル SGODDE

 

全体が重くならないような軽量性

レースに出たりする人や本格的にロードバイクに乗る場合は、サドルも軽量のものを選ぶ人が多いです。

軽量のカーボン素材をつかったサドルならば、50g以下というサドルも売られています。

ダンシングをよくするような、ヒルクライム好きにもおすすめです。

しかし、軽量ということは、快適性はかなり低いということでもあるので、普通に自転車に乗るという人の場合は、あまり軽量性にこだわる必要はないでしょう。
 
自転車サドルPLATT サドル 3K つや消し

 

 

土台であるレールの素材も大切

厳密にはレール素材というのは、サドルの機能ではありませんが、素材によって衝撃を吸収する力がことなっています。

まずサドルの土台の部分をレールといいますが、基本的にカーボンかチタンやクロモリといった金属素材のどちらかです。

カーボン素材のほうが、衝撃吸収力が高いのですが、金属素材に比べる値段がはることが多いです。

またカーボンと金属素材の大きな差として、重さがあげられます。

カーボンは軽く、それに比べると金属は重たいです。

ヒルクライムやレースに出るような人の場合は、自転車全体の重さを軽くする必要があるので、カーボンがおすすめですが、そこまで求めない場合は金属性のレールでも十分ですし、最近は金属でも軽いものも出ています。
 
自転車サドルSELLE ITALIA(セライタリア) SLR KIT CARBON FLOW

 

 

サドルの形も大切

自転車サドル

 

サドルといっても、形がいろいろとあります。

お店で売られているサドルをみると、一番多いフラット型、おしりの部分が少し凹んでいる谷型、レース用のサドルである傾斜型があります。

 

定番のフラット型

フラットタイプは、1番多いタイプのサドルで、凹みや傾斜がないタイプです。

どこもフラットなので、前後に動いても違和感などがありませんし、ポジションも変えやすいです。

 

あまりおしりを動かさないなら谷型

自転車サドル

 

谷型はおしりの部分が少し凹んでいるタイプのサドルです。

凹んだ部分におしりがピタッとくるので、安定した走りができます。

ロングライドや、あまりおしりを動かさない乗りかたをする人におすすめのタイプです。

 

レースにでる人は傾斜型

前方向に傾斜がついているサドルですから、前傾姿勢をとりやすく、スピードを出しやすいのが特徴です。

 

 

乗り心地はサドルの幅や穴ありかどうかによっても違う

自転車サドル

 

サドルが合うかどうかは、骨盤の広さにもよります。

骨盤が広めの人はサドルも広めが、骨盤が狭い人は、サドルの幅が狭めがよいといわれます。

またサドルによって、まんなかに穴があるタイプもあります。

男性は、乗りかたによって、股の部分がサドルで圧迫されて、痛いということも。

そんな場合は、穴あきのサドルがよいようです。

自転車を乗るのが女性か男性かによっても、快適なサドルは変わってきます。

一般的に女性のほうが骨盤が広めにできています。

そのため、幅が狭いタイプのサドルだと、男性以上におしりが痛くなったりということも。

またロードバイクのような前傾姿勢をとるタイプの自転車だと、いわゆるデリケートゾーンが痛くなったりします。

女性の場合は、女性用サドルが骨盤が広めというだけでなく、中央に穴があったり、サドルの先端が細めになっていたりするので、長時間乗っても快適です。

 

 
 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 
自転車サドル
 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 
自転車サドル
 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 
自転車サドル
 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 
自転車サドル
 

 

 

   

まとめ

自転車のサドルは、もともと自転車についているものですが、あわないならば替えることができます。タイヤやブレーキを替えるのと比べたらとても簡単にできますし、値段も安いものなら1,000〜3,000円からありますから、ちょっと交換してみてもよいのではないでしょうか。

ロードバイクカテゴリの最新記事