ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

【ドロップダウン対策】OD缶?CB缶?冬キャンプで火力を落とさずガスを使う方法

【ドロップダウン対策】OD缶?CB缶?冬キャンプで火力を落とさずガスを使う方法
   
寒い季節のキャンプで、バーナーの火が全くつかない、または火が弱くて全然お湯が沸かない…という経験はありませんか?ガスは最も手軽に使える燃料ですが、気温が低いときは急激に火力が弱くなってしまいます。しかし、寒さに強いガスを選ぶことでかなり解消できるんですよ。今までテキトーにガスを選んでいた方は、ここで少し勉強しておきましょう!
   

そもそもガスカートリッジの選び方、間違っているかも…

ホワイトガソリンにくらべ、簡単に着火できて初心者にも扱いやすいガスボンベ。

特に、家庭用のカセットガスコンロなどでもおなじみのCB缶と呼ばれるタイプは、コスパも高くてどこでも手に入るため、使っている人も多いですよね。

 

ガスバーナー

 

しかし、ガスバーナーは気温が低いときや長時間の使用を続けると、急激に火力が弱くなってしまいます。

これはガスの気化熱によって缶の温度が下がり、ガスが気化できなくなってしまうからなんです。

これをドロップダウン現象といいます。

家庭用のカセットコンロには、燃焼した熱でボンベを温めるブースターが備わっているので、ガスを冷やすことなく最後まで使い切れますが、ブースターのついていないシングルバーナーやツーバーナーは、通常のガスボンベでは対応しきれなくなってしまいます。

つまり、安価で売っているCB缶はあくまで家庭用。

夏場であれば問題ありませんが、寒い時期はアウトドア用のガスボンベを用意する必要があります。

 

 

CB缶とOD缶の違い

家庭用で使われているCB缶の他に、アウトドアショップで売られている丸い形のOD缶があります。

CBはカセットボンベ、ODはアウトドアの略です。

ここで、CB缶とOD缶の違いをメリットとデメリットに分けて見ていきましょう。

 

【CB缶】

ガスバーナー

 

イワタニ カセットガス オレンジ 12本組 CB-250-OR-12BOX[kn]

 

メリット

・価格が安く、ランニングコストに優れている

・コンビニやスーパーなど、どこでも売っているので入手しやすい

・家庭用のカセットコンロと兼用できる

 

デメリット

・一般的に、OD缶に比べて火力が弱い

・低温時に弱い

・CB缶対応のバーナーやランタンが少ない

 

 







登山カテゴリの最新記事