ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

脱初心者ダイバー!現役ダイバーが教えるフィンワークのコツ

脱初心者ダイバー!現役ダイバーが教えるフィンワークのコツ
水中をイルカのように泳ぎまわれたら、素敵だと思いませんか?そんなダイバー必見!華麗なフィンワークのコツを、経験本数5000本超えのインストラクターがお教えします。ワンランク上のフィンワークを身につけたい人は、ぜひ参考にしてください。
 

華麗なフィンワークを身につけよう

ダイビング フィンワーク

華麗なフィンワークは、

  • 適正ウエイト
  • ウエイトやタンクの位置、バランス
  • 中性浮力をコントロール

この3つが揃っていることが前提となります。

これらがしっかりできているだけで適切なトリム、いわゆる水平姿勢を取りやすくなり、水の抵抗をできるだけ軽減したストリームライン(流線型)を保ち、泳ぎやすくなります。

そこでまずは、適正ウエイトで泳ぐためのポイントを見てみましょう。

 

フィンワーク:ウエイトチェックの方法

ダイビング フィンワーク

ウエイト量が多いとBCDにエアを入れたとき「上体は浮いて腰が沈む」といった姿勢になりやすく、水の抵抗も大きくなってしまいます。

適正ウエイトのチェック方法は、水面でBCDのエアを抜き、普通に呼吸をした状態で目のあたりに水面がきていればOK。その状態から肺の中の息を吐いて、体が沈んでいけばウエイト量は十分です。

初心者ダイバーはオーバーウエイトになっている人が多いので、まずは適切なウエイト量に調整することが大切です。

また、ウエイトの左右バランスも大事なポイントなので、左右均等にできるだけ体の前側に集まるように並べた方が水中姿勢を取りやすくなります。

ウエイト調整は潜るたびに行う

スクーバタンクにはアルミとスチールの2種があり、素材の違いによって重さが変わります。 スチールの方が水中では重めなので、アルミに比べるとウエイトは1kgほど少なくて済みます。

また、ウエットスーツも5mmワンピースに比べたら、3mmワンピースの方が浮力は少なめです。

そのため、ウエイト調整は一度したらOKというわけではなく、タンクやスーツに合わせて毎回行わなければいけません。使用タンクやスーツの組み合わせの適正ウエイトは、ログに記録しておくとウエイト調整の役に立ちます。

 

華麗なフィンワークのコツ

ダイビング フィンワーク

フィンワークの基本は、膝を伸ばした状態でゆっくりと大きくフィンを交互に動かすことです。ガチガチに膝を伸ばすのではなく、膝を柔軟に使いながら足全体が大きく動くイメージです。

このとき、両腕は体に沿わせて、視線は前方に向けます。フィンのブレードでしっかりと水を捉えられれば体はグングン前に進みます。

POINT!

一度大きくキックをしたら、お腹を少しへこませるようにして、足を閉じて体を一直線に保ってみましょう。体がスーっと前に進めば浮力も姿勢もバッチリです。

多くの人は無駄にキックをやりすぎてしまうので、前に進もうとしている力を逆に妨げてしまっていることも。

一定の距離をなるべく少ないキック数で進めるように練習してみるのが良いでしょう。

自転車こぎに注意

懸命にキックしてもあまり進まないという人は、膝が大きく曲がってしまっている「自転車こぎ」になっている可能性があります。

自転車こぎは効率よく水を捉えることができないうえに、上体が起きてしまっているので水の抵抗が大きくなってしまいます。

POINT!

上体が起きてしまうのはオーバーウエイトの可能性が。もう一度、ウエイトチェックをしてみることも大切です。

使いやすいフィンを選ぶ

初心者や脚力の弱い人は、ブレードが短く柔らかめで、しなりの良いフィンを使うのがおすすめです。

大きくて硬いフィンのほうが推進力はありますが、体重が軽いとフィンを振りぬくことができず体のバランスが崩れてしまうことがあります。そのため自分に合ったフィンを使うことが上達の近道なのです。

また、上級者にはフルフットのラバーフィンをおすすめします。

素足や薄手のソックスでフルフットフィンを履けば、フィンのしなりやフィンが水を捉える感覚を足の裏でしっかり感じることができます。

さまざまな硬さのラバーフィンがあるので、自分の体重やフィーリングに合った硬さを選ぶのが良いでしょう。
ラバーフィン

ダイビングカテゴリの最新記事