半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

フリーダイビングに資格は必要?資格を取得して美しい水中世界を目指そう!

フリーダイビングに資格は必要?資格を取得して美しい水中世界を目指そう!
   
水中を体ひとつでしなやかに泳ぐフリーダイビングに憧れたことはありませんか?フリーダイビングをはじめてみたいけれど、どうやってスタートしたらいいか分からない方のために、フリーダイビングの資格や内容についてご紹介します。
   

フリーダイビングに資格は必要?

フリーダイビング 資格

フリーダイビングをするために特別な資格は必要ありませんが、基礎知識やトレーニングをプロの方から指導してもらうことをオススメします。

自然のなかで楽しむフリーダイビングの危険性を、十分に理解しておくことが必要だからです。

さらにフリーダイビングの資格を取得することで、スキルや知識が身に付くだけではなく、フリーダイビングに欠かせないメンタル面も強化できます。

フリーダイビングの資格を発行する指導団体はいくつかありますが、ここではフリーダイビング専用の2つの指導団体をご紹介します。

 

フリーダイビング指導団体「Apnea Academy Asia」

フリーダイビング 資格

アプネア・アカデミー(AA)は、映画「グラン・ブルー」の実在モデルになったジャック・マイヨールの愛弟子であるウンベルト・ペリッツァーリが主催する、世界初のフリーダイビング専門の教育団体。

アジア8カ国を中心に活動する団体はアプネア・アカデミー・アジア(AAA)といいます。

アプネア・アカデミーの認定コース

認定コースは以下の3つです。

  1. スキンダイビングコース
  2. フリーダイビングコース
  3. モノフィンオープンウォーターコース

この3つのコースから、レベルに合わせていくつかの資格にわかれています。

スキンダイビングコースは、まったくの初心者からはじめるコースで2つのレベルがあり、フリーダイビングコースを受講するのに必要な知識やスキルが学べます。

モノフィンオープンウォーターコースは、フリーダイビング競技に使われる大きなフィンを使った講習を受けることができます。

フリーダイビングコースに含まれる資格

資格①FIRST LEVEL(初級)

ファーストレベルの初級では、フリーダイビングの基礎知識、基礎技術、安全管理を学び水深5〜6mの潜水、リラクゼーションや呼吸法、レスキューテクニックなどを身に付けます。

検定を含む座学、プール、海洋の講習日数の目安は、4日間からです。講習費用は含まれる内容によりますが、だいたい8万円〜となります。

資格②SECOND LEVEL(中級)

セカンドレベルの中級では、初級で学だ基礎を応用して、リラクゼーションや呼吸技術のレベルを本格的に上げるトレーニングをします。

認定項目には平行潜水35mや水深10mからのマスクなし浮上などがあり、初級よりも難しい内容になっています。一人前のダイバーを目指している方にオススメです。

検定を含む座学、プール、海洋の講習日数の目安は3日間からとなり、費用は内容やスクールによって異なりますがだいたい6万円〜となります。

資格③THIRD LEVEL(上級)

サードレベルの上級では、フリーダイビングに重要なメンタル面や、身体技術のコントロールができるようになることを目指します。

認定項目には、スタティック(水面に浮いて息を止める)時間が3分、垂直潜水5m→平行潜水25m→垂直浮上5mなどがあり難易度があがります。講習日数や費用は、スクールやレベルによって異なります。

Apnea Academy Asia

 

フリーダイビング指導団体「AIDA」

フリーダイビング 資格

アプネア国際神鏡振興協会(AIDA)は世界最大のフリーダイビング団体で、このブランチには日本フリーダイビング協会(JAS)があります。

フリーダイビングのワールドチャンピオンシップなどの各種競技会の開催や、安全なフリーダイビング普及のために活動しています。

フリーダイビングコースに含まれる資格

資格①AIDA2(初級〜中級)

ADIA2の初級〜中級コースでは、正しいフォームや呼吸法など基本的な技術を習得します。

10m前後の潜水ができる方が対象ですが、スキンダイビングやスキューバダイビングを経験したことのない初心者さんは、AIDA1の初心者コースがあります。

プールと海洋講習は約2日間で、認定費込みで費用の目安は6万円〜となります。

資格②AIDA3(中級)

ADIA3の中級コースでは、スタティック、コンスタント、ダイナミックなどの技術を習得。

バディー同士のトレーニングやメンタル面、技術応用のトレーニングを行います。プールと海洋講習は約3日間で、認定費込みで費用の目安は75,000円〜となります。

資格③AIDA4(上級)

AIDA5の上級コースでは、中級コースの内容をさらに追求した応用トレーニングをします。

最大深度40mまでのトレーニング枠でより高度な技術、知識、練習方法を身に付けます。プールと海洋、学科講習は約4日間で、認定費込みで費用の目安は86,000円〜となります。

AIDA

 

フリーダイビングの資格が取れるおすすめのスクール

フリーダイビング 資格

フリーダイビングスクール①BIG BLUE

充実した設備と目的に合わせたコース内容が豊富な、駅近のフリーダイビングスクールです。

住所 東京都小金井市本町6-5-3 B1 シャトーアスレチッククラブ内
電話番号 042-387-8301
webサイト BIG BLUE

フリーダイビングスクール②PLATYPUS

フリーダイビングを通して水中での楽しさ、心地よさを教えてくれる経験豊富なインストラクターがたくさんいるスクールです。

住所 東京都港区赤坂2-20-19 ルミエールAkasaka 101
電話番号 03-5570-5134 / 070-3824-1018
webサイト PLATYPUS

フリーダイビングスクール③Purna Freediving school

フリーダイビング世界大会で2010年に日本人女性初の金メダルを獲得した、岡本美鈴選手が講師を務めるゼロからでも安心してはじめられるスクールです。

webサイト Purna Freediving school

フリーダイビングスクール④apnea works

国内初のプロフリーダイビング選手であるADIAマスターインストラクターのもとで、キレイな沖縄の海を堪能しながら資格が取れます。

webサイト apnea works

フリーダイビングスクール⑤GRAND BLUE

フリーダイビングを経験したことがなくて不安な方は、フリーダイビング体験ができます。ADIAコースではADIA2(初級)、ADIA3(中級)のトレーニングを少人数で丁寧に講習してもらえます。

プール講習場所:スイムピア奈良

海洋講習場所:福井県常神半島神子

webサイト GRAND BLUE

 

マリンスポーツ用品なら、ヴィクトリアサーフ&スノーの通販なら品揃えが豊富!


まとめ

水中世界を楽しむフリーダイビングをはじめるなら、自己流で危険を伴うやり方ではなく必ず経験豊富なインストラクターに知識や技術を教わってください。トレーニングを重ねていくと水中は苦しいと思っていた感覚がなくなり、水と一体化したように心地よい時間になりますよ! 






ダイビングカテゴリの最新記事