半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

スキー&スノボーの保管方法教えます!レンタルボックスやサービスを紹介

スキー&スノボーの保管方法教えます!レンタルボックスやサービスを紹介
   
スキーやスノボーの保管方法は、自宅だけではありません。置き場所に困るという場合は、レンタルボックスやお預かりサービスを活用することもできます。ここではレンタル収納スペースなどのサービスをつかった、保管方法について説明します。
   

スキー&スノボ(スノーボード):自宅以外で保管する方法は2つ

スキー&スノボ(スノーボード)

 

スキー、スノボーなどを家に置くことができない場合は、レンタル収納スペースや、チューンナップ専門店などの保管サービスを利用するのが便利です。

 

なんでも預けられる便利なレンタル収納スペース

レンタル収納スペースは、レンタルボックス、レンタルトランクルーム、レンタル倉庫とも呼ばれていて、一時的につかわないものや、つかう頻度が低いものをを預けるための場所です。

収納スペースを借りるわけですから、板やボード、ブーツだけではなく、ウエアやストック、手袋などの細かいものまで、一緒に預けることもできます。

 

チューンナップ専門店の保管サービスも便利

スノボーなどのチューンナップ専門店や、レンタルや販売をしているお店でも、板やボードをオフシーズン中に預かるサービスをしているところがあります。

板やボードを収納するのに最適な状態の倉庫で保管してもらえますし、手軽ということで、このようなサービスを利用するのも便利です。

また、スキー場へ直接配送をしてくれるところもあるのでチェックしてみてください。

 

 

スキー&スノボ(スノーボード):レンタル収納・チューンナップ専門店のメリットや費用は?

スキー&スノボ(スノーボード)

 

レンタル収納スペースは板以外も収納できて便利

レンタル収納スペースのメリットや、費用などについて説明しましょう。

 

レンタル収納スペースのメリット

レンタル収納スペースのメリットは、預けるものの大きさによってサイズを選べることです。

スキーやスノボーだけでも可能ですが、用具一式を預けたり、そのほかにも不要なものがあれば、一緒に預けることができます。

例えば、同じように春から秋にかけてはつかわない冬用のタイヤ、暖房器具など、シーズンに応じて出したりしまったりができます。

 

費用は大きさや場所による

費用は、屋内と屋外によっても異なっています。

板やボードの保管には屋内がベストなので、屋内として考えると、広さと駅から近いなどの立地条件によって使用料3,000〜30,000円くらいまでの金額設定があります。

また使用料のほかに管理費や、場合によっては敷金、礼金がかかることもあるので、借りるときは必ず確認するようにしましょう。

 

保管サービスはメンテンナンスなども充実

専門店によるお預かり、保管サービスのメリットや費用、サービス内容について説明しましょう。

 

保管サービスのメリット

保管サービスは、板やボードのチューンナップを専門に行っているお店などで行われています。

保管サービスのメリットは、メンテナンス料が含まれいることが多いので、保管前に自分でメンテナンスをしなくてもよいところです。

スキーやスノボーが滑ることができても、メンテナンスまではできないという人も多いのではないでしょうか。

そういう場合は、メンテナンスも充実したお預かりサービスを利用するのがおすすめです。

 

基本は配送料込みのコース

保管サービスは、基本的には配送料込みのコースが多く、申込みをすると、配送伝表が送られてきますので、ケースなどに入れて発送します。

預かる期間は、1年前後が多いのですが、希望によって短く、または長く預けることもできます。

 

 

スキー&スノボ(スノーボード):レンタルサービスや保管サービスを紹介

スキー&スノボ(スノーボード)

 

保管サービスと収納スペースレンタルを、いくつかご紹介しましょう

 

SKI&SNOW BOARD Tune up Factory

業界最大手のメンテナンス、チューンナップ専門工場であるチューンナップファクトリーは、自社開発のオートメーション・マシンによるメンテナンスをしています。

チューンナップ以外にも保管サービスを行っていて、返却の際は、ご自宅のほか、スキー場などに直接配送してもらうこともできます。

 

 

公式サイト:SKI&SNOW BOARD Tune up Factory

 

マイクローク

マイクロークは、宅配クリーニング・保管をしてくれるサービスです。

スキー板とボードは、ワックス、ブラッシング、エッジのサビ落としが含まれるスタンダードと、ワックスにプラスしてサンディングマシーン、ストラクチャー処理が含まれるデラックスのコースがありますので、板の状態によって選べるところがポイントです。

 

 

公式サイト:マイクローク

 

マストレージ

マストレージは、レンタル収納スペースです。

保険料、管理料、手数料、電気代込なので、明瞭会計なところが魅力的。

契約もWebで済ますことができ、24時間荷物の出し入れが可能です。

 

 

公式サイト:マストレージ

 

ヨドクラウド物置

ヨドクラウドは宅急便で預けるトランクルームサービス。

湿度や温度を管理した倉庫での保管されるので、スキーやスノボーなどの保管にもぴったりです。

 

 

公式サイト:ヨドクラウド物置

 

 

まとめ

スキーとスノボー用品は、意外と場所をとるもの。レンタル収納スペースや保管サービスをつかっての保管方法もとても便利です。上手く利用すれば収納に悩むことなく快適に過ごせますので、ぜひお試しください。






メンテナンスカテゴリの最新記事