ノルウェーのトップアスリートがプロデュースする北欧で大ヒット中のウールブランド「Ulvang ウルバン」のRAVセーター

ロードバイクで気軽なサイクリングへ!ロードバイクでの「ポタリング」の魅力

ロードバイクで気軽なサイクリングへ!ロードバイクでの「ポタリング」の魅力
   
ロードバイクにはさまざまな楽しみ方がありますが、なかでも気軽なのがポタリングです。自転車で散歩するような感覚で楽しめるサイクリングの一つで、初心者から上級者まで人気のファンライドです。今回はポタリングの魅力から装備まで、徹底的に解説します。
   

サイクリングの「ポタリング」とは?

ロードバイク ポタリング

 

ロードバイクには、ロングライドやレース、ブルべといったさまざまな楽しみ方があります。

でも多くがベテラン向けで、初心者が初めて挑戦するには少し敷居が高いですよね。

そんな初心者の方は、ロードバイクを買って初めてのサイクリングにはポタリングがおすすめです。

 

気軽な「自転車散歩」

ポタリングを簡単に言えば、お散歩感覚のサイクリングです。

ロングライドのように体力も必要ありませんし、距離もつらくない距離でOKです。

息が上がるような乗り方をせず、道中のお店に立ち寄ってみたり、いつもと違う風景を見に行くような楽しみ方もいいですよね。

それでもロードバイクの性能であれば、ママチャリなどで体験したサイクリングとは一味違う魅力が感じられるでしょう。

 

ロードバイクに限らずいろいろな自転車で楽まれるレジャー

ポタリングはロードバイクでも楽しめるレジャーですが、気軽な楽しみ方なので自転車の種類に縛られません。

クロスバイクはもちろん、本来オフロード用のマウンテンバイクでも楽しむことができます。

とくに、マウンテンバイクであればロードバイクでは走れないような荒れた路面も走れますし、また違う風景が見られるのでおすすめです。

 

「ゆるポタ」と「ポタリング」の違いは?

ポタリングには、「ゆるポタ」とよばれるジャンルもあります。

どちらも造語なので明確な基準はありませんが、ゆるポタはよりスピードを落としたポタリングを指します。

ベテランライダーのポタリングは、やや距離の短いロングライドを意味することもあり、初心者にはついていけないこともあります。

ベテランライダーと一緒にポタリングに行くときには、「ゆるポタでお願いします!」とクギを刺しておくといいかもしれませんね。

 

 

ポタライダーが語るポタリングの魅力

ロードバイク ポタリング

 

かくいう筆者も、ロングライドやキャンプツーリングなどを楽しむ今でもポタリングを楽しむポタライダーです。

目的意識を持ったサイクリングももちろん魅力的ですが、やはりもっとも「楽しい」という気持ちを持てるのがポタリングだといえますね。

そんな筆者が考えるポタリングのリアルな魅力をご紹介します。

 

初心者でも楽しめる

ロングライドやブルべ、キャンプツーリングといったライドでは、目的地や目標などがあります。

その目的を達成するための体力と機材が必要になってくるので、まだ機材も体力も十分でない初心者にはつらい気持ちの方が大きくなってしまうことも。

ポタリングではそういった目的がなく、ただ気軽に乗って楽しむこともできるので、初心者でももっとも楽しみやすいサイクリングといえますね。

 

ロードバイクの基本が学べる

ロードバイクは自転車に乗った経験がある人ならば、乗ること自体はそうむずかしくはないでしょう。

ただしやはり乗ってみてわかること、乗りながら感覚を合わせていく必要もあります。

もちろんロングライドなどでも学べますが、過酷な状況だと変なクセがついてしまうこともありますし、トラブルが起こった時に遠出していると対処が大変です。

ポタリングではそういったロードバイクの基本的な部分を楽しみながら学べるので、ロングライドに出かける前に何度か挑戦することをおすすめします。

 

観光地に詳しくなれる

ロードバイクなら自動車よりも沿道のお店に気が付けるので、近場でも意外に知らなかった観光スポットや名店が見つかることも少なくありません。

車移動が多い方は、駐車場がなくて寄れなかったお店にも気軽に立ち寄れますよね。

友人と出かけたときや、恋人とのデートでも、隠れた名店を紹介すると喜ばれるかもしれませんよ。

 

 

ポタリングにおすすめの装備品

ロードバイク ポタリング

 

ポタリングは体力をサポートするためのアイテムも必要なく、気軽な装備で楽しめる趣味です。

しかし逆に気軽だからこそ意識するポイントがあります。

筆者の経験ももとに、ポタリングのおすすめ装備をご紹介します。

 

ポタリング向きのロードバイク

ポタリングは、用意したどんなロードバイクでも楽しめないということはありません。

ただしひとつだけ注意してほしいのが、高級なロードバイクだと盗難のリスクが高いということ。

高級なロードバイクを使うときは、カギをしっかり用意して、なるべく目の届く場所に駐輪するようにしましょう。

 

ポタリングの服装

ロードバイクではぴったりとしたサイクルジャージに身を包みますよね。

ポタリングでサイクルジャージもおすすめですが、お店に入ることを考えるとちょっと抵抗もあります。

筆者は、アウターは私服やカジュアルなスポーツウェアで、インナーにパンツタイプのレーパンを着用してポタリングを楽しんでいます。

 

ポタリングに持ち歩く荷物

ポタリングでも、サイクリング中のトラブルが起こる可能性は十分にあります。

とくに初心者だと、乗り方や手入れの不備からロードバイクにトラブルが起こるリスクもあるでしょう。

短距離のサイクリングでも、以下の基本的な工具は持ち歩いておきましょう。

  • 替えチューブ
  • タイヤレバー
  • 携帯空気入れ
  • 携帯マルチツール

 

プロ PRO カプセルコンビパック ZIPケース、ポンプ、ミニツール、タイヤレバー

 

ポタリングでも水分補給・栄養補給は必須

気軽なポダリングだとしても、体を動かすことには変わりありません。

熱中症や脱水症状を防ぐためのスポーツドリンクは必須なので、ボトルケージにドリンクを置いておくのは必須です。

もし距離を伸ばしたり、坂道を走ったりするなら、ハンガーノック対策に補給食も用意しておきましょう。

 

味の素 アミノバイタル®アミノショット® パーフェクトエネルギー グレープフルーツ味 45g×4袋

 

 

 

ロードバイクNEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

ポタリングでもロードバイクは汚れていきますし、汚いドライブトレインでは快適に走ることができません。

SWIXのバイクケアラインでしっかり自転車を手入れして、気持ちよくポタリングに出かけましょう!

 

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。

低温でも問題なくご利用いただけます。

洗車を十分にするのとしないのではボディの劣化が大違いなので、ぜひ用意しておきたいアイテムですね!

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。

自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

チェーンの汚れは慢性的にトラブルの原因になるので、洗浄力が高いSWIXのディグリーザーを用意しておけばメンテナンスも楽になりますね。

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!

オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

こまめにメンテナンスができない場合は、耐久性のあるウェットルーブタイプがおすすめです。

ポタリングにもこちらがおすすめですね。

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。

自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

こまめなメンテナンスは必要になりますが、ゆるポタを卒業してベテランと一緒にポタリングにいくときには、ドライオイルでドライブトレインをより軽快にしておくのがおすすめです!

 
 

 

 

まとめ

ポタリングはロードバイクの楽しみ方のなかでももっとも気軽で、「楽しさ」を重視したサイクリングです。ロードバイク初心者はもちろん、ベテランライダーの息抜きにもおすすめです。ロードバイクに限らず、さまざまな自転車で楽しめるのも魅力ですね。ぜひ楽しいポタリングを相棒のロードバイクで存分に楽しんでくださいね。


ロードバイクカテゴリの最新記事