ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ナイキ「厚底シューズ」の実際の履き心地は?フルマラソンを走った実体験をレポート

ナイキ「厚底シューズ」の実際の履き心地は?フルマラソンを走った実体験をレポート
今、ナイキの「厚底シューズ」がなにかにつけて話題になっていますね。MGCでも多くの選手がナイキの「厚底シューズ」で走っていました。実は筆者も、去年同じシューズでフルマラソンに出場しています。実体験を交えながら、ナイキの「厚底シューズ」についてレポートします。
 

ナイキ「厚底シューズ」でマラソンに出場しようと思った理由

ナイキ 厚底シューズ

 

筆者は、毎年フルマラソンに出場しています。平均タイムは、サブ4(4時間以内)をギリギリでキープする程度です。

去年の暮れには、ナイキの厚底シューズを履いて、サブ3(3時間以内)を目標にして、地元のマラソン大会に出場しました。

結果は3時間41分でしたが、それでも前の年より15分程度タイムを縮めています。

はっきりとした確証はありませんが、ナイキの厚底シューズで走ったことが関係しているのかもしれません。

なぜ、ナイキの厚底シューズでフルマラソンに出場しようと思ったのか。

それは、ただ単純に「このシューズだったら早く走れるのではないか」と思ったからです。

テレビで東京オリンピックの選考を兼ねたMGCを観戦しながら「よし、次のマラソンはこのシューズで走るぞ!」と決めました。

しかし、実際に走って、トップランナーと筆者のようなアマチュア(市民ランナー)とでは、まったく走り方が違うということを、思い知らされることになりました。

 

 

ナイキ「厚底シューズ」を履いてマラソンに出場した感想と反省点

ナイキ 厚底シューズ

 

ナイキ「厚底シューズ」を履いてマラソンを走ってみると、軽くてしなやかに足にフィットする、とても走りやすいシューズだと感じました。

ほかのシューズだと、30㎞付近で足にまめができるのですが、そのようなこともなく、足へのダメージを最低限に抑えてくれました。

また、平坦なコースで追い抜かれたランナーに、坂に差し掛かるたびに追い付いて、追い抜くということが何度かありました。

ソール部分にカーボンプレートが入っているためか、反発力で前に押し出してくれる感じがして「自分の走り方だと坂には強いな」という印象を強く持ちました。

しかし、30㎞過ぎから、膝や股関節にダメージを受け、大きく失速してしまいました。

タイムは前年より15分程度縮まりましたが、もし、30㎞過ぎの失速がなければ、目標とするサブ3の記録も達成できたはずです。

完走後振り返ってみると、失速の原因はランニングフォームと訓練不足からであることがわかってきました。

 

ページ: 1 2
   
   

ランニングカテゴリの最新記事