半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

クロスバイク初心者はなにをそろえる?最低限必要なアイテムを徹底解説!

クロスバイク初心者はなにをそろえる?最低限必要なアイテムを徹底解説!
   
クロスバイクを買ったら、次は走りに行きたいもの。そのためには、最低限用意しておきたいアイテムがあります。ここでは、初心者の人が安全面や修理に必要なものなど、そろえるべきアイテムについて説明したいと思います。
   

クロスバイク初心者に必要なアイテムってなに?

クロスバイク

 

クロスバイクを買ったら、すぐにライドに行きたくなりますが、安全に、そして快適に乗るために、用意したほうがよいアイテムも多いです。

たとえば、ライトなどは標準装備されていませんし、そのほかにもライドに便利なアイテムもありますので、ここでは、3つのカテゴリーにわけて説明します。

 

 

安全のため最初に買うべきアイテム

クロスバイク

 

安全にライドに行くなら、初心者はまず最初にそろえたいアイテムです。

 

視認性を高めてくれるライト

いわゆるママチャリの場合、ついていることが多いですが、クロスバイクには標準装備ではありません。

都市によっても違いますが、東京都では道路交通法上、ヘッドライトは「前方10mの障害物を確認できる強さ」と規定されています。

リアライトに関しては「夜間、後方100mの距離から点灯を確認することができる光度を有する尾灯」とされています。

またライトの色も、ヘッドライトは見やすい白色や淡黄色で、リアライトは橙色や赤と決まっていますので、形だけではなく、色も確認しましょう。

スピードを出している自動車からでもわかるように、明るさは300lm以上がおすすめです。

 

自転車 ライト 800ルーメン IPX5防水 5600mAh大容量電池 USB充電式 自転車用ヘッドライト ロードバイク クロスバイク ヘッドライト ライト ゴムシート付き テールライト付属

 

いろいろなタイプから選べるベル

ベルも標準装備されていないアイテムです。こちらもライトと同じように道路交通法で、取り付けるように定められています。

デザイン、音量、音質もいろいろなタイプがありますので、自転車にあったデザインを選ぶことができます。

 

ギザ ミニ クリップ ベル ブラック(HOB07700)

 

ギザ ミニ クリップ ベル ブラック(HOB07700)

 

頭を衝撃から守ってくれるヘルメット

クロスバイクは、時速30〜40㎞ほど出すことができるので、頭部を衝撃から守るためにヘルメットの着用は必要です。

一般的にヘルメットの着用は義務ではありません。

しかし、条例で努力義務が課せられている地域もありますので、お住いの地域を必ず確認をしてみてください。

また、努力義務はない地域でも、安全のためにも装着を強くおすすめします。

タイプもいろいろとありますが、メーカーによって形とサイズ感が違っていますし、頭の形も人によってさまざまですから、まずは試してみてからの購入が無難です。

 

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FIGO M/L (頭囲 57cm~60cm未満)

 

盗難防止のマストアイテムは鍵

大切な自転車を盗まれないためのカギは、定番のワイヤーやチェーンのほかに、最近ではスマホをつかったスマートロックなどもあります。

ロングライドのときだけ、または自宅での盗難防止もかねているなど、用途にあわせて選ぶといいでしょう。

 

ABUS(アブス) 【日本正規品 /2年間保証】 BOOSTER 6512/180cm BLK







ロードバイクカテゴリの最新記事