ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

ミニベロロードの実力とは?ミニベロロードの性能を最大限生かすカスタム

ミニベロロードの実力とは?ミニベロロードの性能を最大限生かすカスタム
   
ロードバイクブームの陰で、近年ミニベロロードが人気です。ミニベロロードにもロードバイクを上回るメリットがあり、カスタムでさらにそのメリットを大きくすることも出来ます。今回はミニベロロードで生かすべきメリットとカスタマイズ方法をご紹介します。
   

ミニベロロードのカスタマイズで伸ばすべき点と補うべき点

ミニベロロード ミニベロ

 

ミニベロは20インチなどの小径ホイールを装備した、いわゆる「小径車」と呼ばれるカテゴリーの自転車です。

もともと小回りが利いてコンパクトなメリットから、シティユースの自転車として人気でしたが、最近はロードバイクのようなパーツ構成で、スポーツ自転車として販売されるモデルも増えてきました。

ロードバイク用パーツを組み込んでいてもロードバイクとは別物で、ロードレースに使用されることはありませんが、ミニベロロードにはロードバイクにないメリットもあります。

ミニベロロードの伸ばすべきメリットと、補うべきデメリットを考えて改造してみましょう。

 

カスタムで伸ばすべきミニベロロードのメリット

ミニベロのメリットはなんといっても気軽に扱えることです。

ミニベロロードは小回りも効きくうえに、ロードバイクに比べると楽な姿勢で乗ることができます。

カスタムである程度性能を上げることはできますが、ミニベロロードの乗りやすさや手軽さはなくさないようにしたいですね。

またタイヤが小さく軽いため坂道にも強く、アップダウンがある道では走りやすいメリットもあります。

ホイールを交換することでより走行性能を上げられるので、ホイールの交換はまず行ってほしいカスタマイズです。

 

カスタムで補うべきミニベロロードのデメリット

ミニベロロードのデメリットは、700cのロードバイクに比べてスピードが出にくいことです。

タイヤが小さい分、一回転で進む距離が短いためスピードが出にくく、同じ距離走るためにはロードバイクよりも多くタイヤを回す必要があります。

ホイールのインチアップはむずかしいですが、スピードのデメリットはギア比の変更で補うことができます。

 

 

ミニベロロードのホイールカスタム

ミニベロロード ミニベロ

 

ミニベロロードに限らず、自転車のホイール換装は非常に効果の高いカスタマイズです。

軽量化でスピードや登板性能が上がり、太さを変えることで乗り心地も向上します。

ただし、ミニベロのホイール選びはほかの自転車と違う規格で選ぶ必要があるので、購入前に必ず確認しましょう。

 

インチではなくETRTOで選ぼう

通常、自転車のホイール換装はタイヤサイズとエンド幅で選ぶことが多いです。

ミニベロロードの場合は主に20インチですが、じつは20インチホイールにも2種類あります。

これはミニベロのホイールが、ホイールリムの外周を測る「ETRTO規格」で細分化されているから。

現在主流の規格は「406」と「451」の2つで、それぞれタイヤに互換性はありません。

フレームが適合し、エンド幅が同じならホイール自体はどちらも装着できますが、適合するタイヤとチューブの購入と、ブレーキの再調整が必要になります。

 
韋駄天 イダテン PARALLEL RACE ミニヴェロホイールセット 451-F74/R130

 

ロードバイク用以上にハブに注目

ロードバイクのホイール交換において、重さは重視されますがあまりハブの性能は重視されません。

ミニベロロードの場合、タイヤ径が小さいため同じ距離走っても多く回転することになるので、ハブの性能を感じやすくなります。

有名メーカーのホイールであればそこまで回転抵抗に差は感じられませんが、メンテナンス不足などで抵抗が増すとスピードや乗り心地に影響します。

グリスの塗りなおしといったメンテナンスのしやすさなど、ホイールに組み込まれているハブにも注意して購入しておくと安心です。

 
シマノ プレミアムグリス チューブ入り 125ml

created by Rinker
¥1,540
(2020/05/25 23:41:49時点 楽天市場調べ-詳細)

 







ロードバイクカテゴリの最新記事