冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

千葉の海でサメが乱舞するダイビング!伊戸シャークスクランブルが大人気

千葉の海でサメが乱舞するダイビング!伊戸シャークスクランブルが大人気
東京から車で約1時間半で行ける千葉県館山市には、伊戸シャークスクランブルという数百匹以上のサメが乱舞する注目のダイビングスポットがあります。伊戸のサメはおとなしく人懐っこいのが特徴。今回は、千葉のシャークダイビングスポットをご紹介します。
 

伊戸シャークスクランブル:世界が注目する千葉のシャークダイビングスポット

伊戸シャークスクランブル

 

サメの餌付けショーを行うシャークダイビングスポットといえば、タヒチやバハマが有名ですが、実は、日本しかも千葉県にサメの餌付けをするシャークダイビングスポットがあるのです。

そこは、千葉県館山市にある伊戸シャークスクランブルで、国内外から年間3,000人ものダイバーが訪れる人気スポットになっています。

伊戸でドチザメの餌付けがはじまったのは2010年のことです。

その頃、伊戸では1日に50~100匹近いドチザメが定置網に入って、小魚を食い荒らすという被害が続いていたのです。

その事態に頭を抱えた漁師たちが「売り物にならない魚でドチザメの餌付けをして、定置網に入らないようにできないものか…」と地元でダイビングサービスを営む塩田さんに相談したことが、伊戸シャークスクランブルのはじまりです。

この餌付けによって、定置網に入るドチザメは2週間に1~2匹と大幅に減り、地元漁師にも喜ばれているうえ、世界も注目するシャークダイビングスポットとして知られるようになったのです。

 

伊戸シャークスクランブルのサメは人を襲わない!?

伊戸シャークスクランブル

 

ほとんどの人は「サメは怖い」というイメージを持っているはずです。

しかし、サメにもさまざまな種類があり、伊戸のダイビングスポットで出逢えるサメは「ドチザメ」という非常におとなしいサメで、人を襲うことはありません。

ドチザメ科に属するサメ。日本近海から東シナ海にかけての沿岸に生息する。最大全長は150cm。卵黄依存型の胎生。5-7年で成熟し、10-24尾の子供を産む。漁業の対象にはならない。飼育しやすいため、全国の水族館で見ることができる。おとなしく、人間を襲うことはない。
出典:Wikipedia ドチザメ

しかも本来、ドチサメは人を警戒して自らは近づいてこないのですが、伊戸シャークスクランブルのドチサメはとても人懐っこい性格で、早く餌をくれとばかりにダイバーのもとに集まってきます。

さらに、何百ものサメに加え、アカエイ、コブダイ、クエ、ヒゲダイなどが、もみくちゃに入り乱れ、まさにスクランブル状態でダイバーを取り囲むように泳ぎ回ってくれるのです。

 

 

 

ページ: 1 2
   
   

ダイビングカテゴリの最新記事