『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

千葉の海でサメが乱舞するダイビング!伊戸シャークスクランブルが大人気

千葉の海でサメが乱舞するダイビング!伊戸シャークスクランブルが大人気
   
東京から車で約1時間半で行ける千葉県館山市には、伊戸シャークスクランブルという数百匹以上のサメが乱舞する注目のダイビングスポットがあります。伊戸のサメはおとなしく人懐っこいのが特徴。今回は、千葉のシャークダイビングスポットをご紹介します。
   

伊戸シャークスクランブル:世界が注目する千葉のシャークダイビングスポット

伊戸シャークスクランブル

 

サメの餌付けショーを行うシャークダイビングスポットといえば、タヒチやバハマが有名ですが、実は、日本しかも千葉県にサメの餌付けをするシャークダイビングスポットがあるのです。

そこは、千葉県館山市にある伊戸シャークスクランブルで、国内外から年間3,000人ものダイバーが訪れる人気スポットになっています。

伊戸でドチザメの餌付けがはじまったのは2010年のことです。

その頃、伊戸では1日に50~100匹近いドチザメが定置網に入って、小魚を食い荒らすという被害が続いていたのです。

その事態に頭を抱えた漁師たちが「売り物にならない魚でドチザメの餌付けをして、定置網に入らないようにできないものか…」と地元でダイビングサービスを営む塩田さんに相談したことが、伊戸シャークスクランブルのはじまりです。

この餌付けによって、定置網に入るドチザメは2週間に1~2匹と大幅に減り、地元漁師にも喜ばれているうえ、世界も注目するシャークダイビングスポットとして知られるようになったのです。

 

 

伊戸シャークスクランブルのサメは人を襲わない!?

伊戸シャークスクランブル

 

ほとんどの人は「サメは怖い」というイメージを持っているはずです。

しかし、サメにもさまざまな種類があり、伊戸のダイビングスポットで出逢えるサメは「ドチザメ」という非常におとなしいサメで、人を襲うことはありません。

ドチザメ科に属するサメ。日本近海から東シナ海にかけての沿岸に生息する。最大全長は150cm。卵黄依存型の胎生。5-7年で成熟し、10-24尾の子供を産む。漁業の対象にはならない。飼育しやすいため、全国の水族館で見ることができる。おとなしく、人間を襲うことはない。
出典:Wikipedia ドチザメ

しかも本来、ドチサメは人を警戒して自らは近づいてこないのですが、伊戸シャークスクランブルのドチサメはとても人懐っこい性格で、早く餌をくれとばかりにダイバーのもとに集まってきます。

さらに、何百ものサメに加え、アカエイ、コブダイ、クエ、ヒゲダイなどが、もみくちゃに入り乱れ、まさにスクランブル状態でダイバーを取り囲むように泳ぎ回ってくれるのです。

 

 

created by Rinker
¥1,980
(2020/07/04 18:40:57時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

伊戸シャークスクランブル

伊戸シャークスクランブル

 

シャークダイビングスポットは、世界にたくさんありますが、伊戸シャークスクランブルほど濃密にサメと触れ合えるダイビングポイントはそうそうありません。

伊戸シャークスクランブルのサメの中には、背びれのない「セレナ」や、特徴のある白模様の「ホクロ」など個体識別もされており、さながら御蔵島のイルカたちのようなのです。

伊戸シャークスクランブルは、港からボートで約5分の「沖前根」というポイント周辺にあります。

潮の流れが強くなることがあるためエントリーはロープ潜降、水深が約20mとやや深度があるため1ダイブ30分間が目安になります。

 

 

伊戸シャークスクランブルでシャークダイビングの楽しみ方

伊戸シャークスクランブル

 

伊戸シャークスクランブルでの見どころをチェックしておきましょう。

 

サメの餌付け

ロープをつたって潜降していくと、砂地で待ち構えているサメたちが見えてきます。

餌付けが始まると洪水のような群れを成して無数のサメがガイドを取り囲み、ときにはガイドの姿が見えなくなってしまうこともあります。

 

サメのお散歩

ガイドが中層を泳いで砂地から根のほうへ移動すると、サメたちも一斉に後をついて「サメのお散歩」が始まります。

ドチザメの散歩なので、別名「どっちいさんぽ」 と呼ばれています。

 

シャークタワー

シャークダイビングのクライマックスシーンが「シャークタワー」 です。

餌を持ったガイドが中層から餌を与え始めると、数mにもおよぶ圧巻のシャークタワーが完成します。

 

 

【1月10日24時間限定!エントリー&楽天カード決済でポイント最大12倍!】リコー RICOH コンパクトデジタルカメラ WG-60 レッド

 

 

伊戸シャークダイビングの注意点

伊戸シャークスクランブル

 

ドチザメが故意に人を襲うことがありませんが、餌に夢中になりすぎて、誤ってダイバーを噛んでしまう可能性があります。

ドチザメの歯は2mm程度しかないので、大事には至りませんが、フードとグローブの着用は必須です。

また、基本的に餌付けはガイドが行いますが、自らも餌付け体験をしたいという場合は、水中で落ち着いてマスク脱着とレギュレーターリカバリーができることが必須条件になっています。

 

 

 







ダイビングカテゴリの最新記事