『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ダイビング器材はレンタル?購入?どちらがお得かインストラクターが徹底比較しました!

ダイビング器材はレンタル?購入?どちらがお得かインストラクターが徹底比較しました!
   
ダイビング器材を購入するか、レンタルで済まそうか迷っている人も多いはずです。長くダイビングを続けるなら購入した方がお得ですが、レンタルの手軽さも見逃せません。そこで、ダイビング器材のレンタルと購入どちらがお得か徹底比較してみましょう。
   

ダイビング器材はレンタルか購入か?

ダイビング器材 購入 レンタル

 

ダイビング器材を一式購入するとなると、手頃な価格のものでも30万円、あるいはそれ以上の出費は覚悟しなければいけません。

そのため、レンタルか購入かで悩んでいる人の多くは、本当は自分専用のダイビング器材が欲しいけど、高価な買い物になるのでレンタル器材で我慢しているというのが本音ではないでしょうか?

とはいえ、レンタル器材では体の大きな人が着られるウエットスーツやBCDが無かったり、視力の弱い人が使う度付きマスクが合わなかったりと、どのような人でもレンタルで対応できるわけではありません。

また、安全のためには、使い慣れたダイビング器材を使用することが不可欠で、不慣れなダイビング器材がトラブルの原因になることもあり得るのです。

つまり、レンタル器材には限界があり、快適にダイビングをするには、マイ器材を購入するのがベストな選択になることは間違いないといえるでしょう。

 

 

年に数回程度のダイビングならレンタルがおすすめ

ダイビング器材 購入 レンタル

 

どの程度の頻度でダイビングを楽しみたいのかも、ダイビング器材を購入するかレンタルにするかの決め手になってきます。

たとえば、年に1回海外旅行に行ったときに手軽にダイビングを楽しみたいという人なら、レンタル器材でも十分です。

温かい海ならウエットスーツなしでも潜ることができますし、もっといえば、体験ダイビングでも十分に楽しめるという人なら、そもそもダイビングライセンスを取得する必要もありません。

体験ダイビングは、初回限りといった制約は一切ありませんので、何十回も体験ダイビングに参加しているという人も少なくありません。

 

 

本格的にダイビングをするなら購入がおすすめ

ダイビング器材 購入 レンタル

 

ダイビングライセンスを取得して、憧れのマンタやイルカに逢いたい、世界中の海を潜ってみたいという人は、自分専用のダイビング器材を購入することをおすすめします。

1度にすべて購入するのは経済的に負担になるという場合は、自分の体に合ったウエットスーツとマスク、スノーケル、フィンなどの軽器材だけを購入して、レギュレーターやBCDなどの重器材だけをレンタルするという方法もあります。

ただし、ダイビング器材のレンタル代が1日5,000円だとすれば、かりに2泊3日のダイビングツアーで2日間レンタルすれば10,000円の出費になってしまいます。

これを10回繰り返すと、レンタル代だけで10万円もの出費になってしまうので、ダイブコンピューターが購入できる計算です。

そのため、ひとりひとりのダイビングスタイルに合わせて、レンタルか購入か賢く選択することが重要になるのです。

 

 

おすすめダイビング器材セット

ダイビング器材 購入 レンタル

 

ダイビング器材は、単品で少しずつ購入するよりもセットのほうが、お得に購入することができます。

それでは、おすすめのダイビング器材セットを見てみましょう。

 

シュノーケリングにも使える軽器材4点セット

マスク、スノーケル、フィン、ブーツの4点があれば、ダイビングの合間にシュノーケリングやスキンダイビングを楽しむこともできます。

海水浴のレジャーなど、ダイビング以外のシーンでも使うことができるので、ダイビングライセンスを取得したら、ぜひ揃えておくことをおすすめします。

 

GULL マンティス5 + ミューサイファーフィン

 

コスパ最強のレディーメイド5mmウエットスーツ

色褪せたボロボロのウエットスーツにレンタル代を払うなら、レディーメイドサイズの5mmワンピース・ウエットスーツを購入することをおすすめです。

価格も手頃なので、ダイビングを始めたばかりの初心者はもちろん、中級者以上の海外ダイブトリップ用ウエットスーツにも最適です。

 

GULL ガル 5mmウエットスーツIII メンズ ブラック×マットブラック

 

単品で買うよりもずっとお得な重器材4点セット

レギュレーターやBCDといった重器材は、セットで購入した方が絶対にお得です。

有名メーカーの器材でも、組み合わせによっては半値以下で購入することが可能ですので、レンタル数回分の金額で購入することも可能です。

 

ダイビング 重器材 セット BCD レギュレーター オクトパス ゲージ 重器材セット

 







ダイビングカテゴリの最新記事