12月は「HotChillys ホットチリーズ 」 コンバーチブル バラクラバ / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

現日本チャンピオンの與那嶺恵理選手も出走!ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース2019

現日本チャンピオンの與那嶺恵理選手も出走!ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース2019
   
10月に中国で開催された女子の1DAYロードレースの「ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース2019」に、日本人サイクリストの與那嶺恵理選手が出走し、チームメイトの勝利に大きく貢献しました。このレースのようすをレポートします。
   

中国での初レース

女子ロードレース 中国

 

女子のロードレースシーズンも、中国でのレースで1年の締めくくりを迎えます。

そんな女子のワールドツアー最終戦となるのが、毎年10月中旬に江西省チワン族特別自治区で開催される、ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース。

今回このレースに、イタリアのチームのアレ・チッポリーニの一員として、日本チャンピオンの與那嶺恵理選手が出走しました。

與那嶺選手にとって、中国でレースを走るのはこの日がはじめて。

「道も広くて路面もきれいなので、思ったより自転車で走りやすいです。」

と中国の印象を話していました。

今年の「ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース」の舞台となったのは、桂林市。

選手たちは、桂林市郊外をスタートしたあと一旦南下し、そのあと北上。

そして、桂林市街の目抜き通りにあるゴールに向かいます。

この日のレース距離は145km。

途中、2級山岳と3級山岳が1ヶ所ずつありますが、きびしい登りではありません。

そして、最後の登りを終えると、ゴールまで約40kmは平坦基調の道が続きます。

また、多くの中国の街と同様、桂林市内のゴール地点となるのは、道幅の広い道路。

こうした条件より、スプリンターの活躍が予想されるコース設定となりました。

與那嶺選手のアレ・チッポリーニは、スプリンターのクロエ・ホスキング選手を中心にこの日のレースの戦略を組み立てます。

今年の9月にマドリードで開催されたレースで、ステージ優勝したホスキング選手。

このレースの1週間ほど前から中国入りしていたとのことで、体調も万全のようでした。

 

 

「ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース」の歴史

女子ロードレース 中国

 

今回與那嶺選手が出走する「ツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レース」は今年で3回目の開催を迎えたレースです。

男子の6日間のステージレースである「ツアー・オブ・グアンシー」の最終日に合わせて、毎年開催されているこのレース。

今年はこのレースに、17チームが参戦しました。

チームの大半はヨーロッパのチームですが、その一方で地元中国から3チームが出走しました。

まず、中国のプロチームである、チャイナ・リブ・プロ・サイクリング。

そして、中国代表チームと香港代表チーム。

スタート前には、香港代表チームにも観客からあたたかい応援が送られていました。

 

 

雨の中のレース、そしてスプリント

女子ロードレース 中国

 

選手たちのスタート時間は午前10時。

この時点での天候は、空に黒い雲は見えていたものの、時折日が差す瞬間もありました。

気温も20度台前半で、レース中には心配するほどの風も吹くことはないであろうとの天気予報。

絶好の自転車レース日和となりました。

しかし、レースがスタートして2時間ほどで、雨が降りはじめます。

最初は小雨だったものの、雨脚は徐々に強くなり、とうとう路面を濡らすようになりました。

この雨が選手たちにどのような影響を与えるか、心配されました。

しかし、選手たちがすべての山岳を下り終えたあとから、本格的に降りはじめた雨。

そのため幸いにも、この時点で転倒する選手はいませんでした。

ゴールまで約30km程になると、アレ・チッポリーニをはじめとするスプリンターを抱えたチームが、積極的に集団をコントロールしはじめます。

そして、選手たちが桂林市街のゴールにつくころ、雨が最も強く降る時間帯と重なりました。

その雨のなか、ゴール前約1kmにある最後のコーナーで、メイン集団にいた数人の選手が転倒します。

集団の前方に位置していた選手たちはこの落車の影響を受けることなく、最後のスプリント勝負に挑みます。

アレ・チッポリーニも無事にホスキング選手を集団前方に送り込んでいました。

そして、最後のゴール前スプリント。

 

女子ロードレース 中国

 

ゴール後、一番最初に笑顔を見せたのは、ホスキング選手でした。

「最後のコーナーを曲がるとき、道路が濡れてて、ものすごく滑りやすかった。落車しないでスプリントできて、本当によかった。」

とゴール後のインタビューに応えていたホスキング選手。

與那嶺選手も大喜びで、チームメイトと喜びを分かち合います。

 

女子ロードレース 中国

 

そして、表彰式は、ゴール近くにある風光明媚な公園のなかで行われました。

最近の男女のレースが並行開催された大会の表彰式では、男女の優勝者が一緒にシャンパンファイトをする光景が一般的になりました。

来年からは、こうした光景がより多く見られるようになるのかもしれません。

 
 
 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

今年のワールドツアー最終戦となったツアー・オブ・グアンシー・ウィメンズ・レースは、與那嶺選手のチームメイトのホスキング選手の優勝で、幕を閉じました。シーズン終盤でチームメイトのワールドツアー・レベルのレースの優勝を2回もアシストすることになった與那嶺選手。よいかたちで2019年のシーズンを終えることができたようでした。

海外カテゴリの最新記事