ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

登ってもインテリアにもOKのクライミングホールドの特徴と設置法も紹介!

登ってもインテリアにもOKのクライミングホールドの特徴と設置法も紹介!
   
クライミング初心者から経験者まで、自宅にクライミングホールドをつけて、練習とインテリアをかねてプライベートウォールを設置したいという人も多いのではないでしょうか。ここではいろんな種類のあるクライミングホールドの特徴と設置法もご紹介します。
   

クライミングホールドの種類

クライミング ホールド

 

クライミングホールドといっても、いろいろな種類があります。

ここでは、特によくつかわれる、メジャーなホールドについて説明しましょう。

 

定番のジャグ(ガバ)

ジャグは、クライミングのホールドで1番定番といえるホールドです。

ガバッともちやすいことから、ガバともよばれています。

つかみやすいので、クライミングの初期段階でもよく目にするホールドです。

 

12ミディアムドリップストーンジャグ

 

クリンプ(カチ)

指先をかけるだけの浅いホールドを、クリンプといいます。

エッジ状になっているので、4本の指をカチッとそろえて持つので、カチという名前でもよばれています。

浅いので最初はむずかしく感じるホールドですが、これができるようになると、登れるところもぐっと増えてくるので、楽しいと感じるホールドでもあります。

 

12 ミディアム Hedrons クリンプ

 

つるつるで持ちづらいスローパー

スローパーはまるっぽい形をしているので、つるつると滑って持ちづらく、初心者がまず最初にむずかしいと感じるホールドかもしれません。

スローパーは、レベルアップのためにも欠かせないホールドですから、苦手意識のある人はぜひ加えて挑戦しがいのあるコースをつくるのも楽しいはずです。

 

ゴライアス クライミングホールド トラッドスローパー

 







クライミングカテゴリの最新記事