11月は「キャリー ザ サン 」 折りたたみ 太陽光充電式 LED ランタン / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】アストリアス・ステージ・レポート

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】アストリアス・ステージ・レポート
   
今年のブエルタ・エスパーニャの目玉ステージとなったのが、アストリアス地方です。スペイン有数の登りが、サイクリストたちの前に立ちはだかりました。幸い雨は降らなかったものの、厳しいステージであったアストリアスのようすをお届します。
   

オビエドの旧市街に設置されたゴール

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

第14ステージのゴール地点が設置されたのは、アストリアスにあるオビエドの旧市街の中。

この日のコースは、選手の右手にカンタブリア海を見ながらの188㎞。

山岳も厳しいものはなく、スプリンター向けのステージとなりました。

しかし、最大の難関は、ゴール前約1㎞地点に待ち構えていました。

広い幹線道路から、オビエドの旧市街に入るとすぐに、登りがり加えて道幅が急激に狭くなります。

また、この日のコースは海沿いだった立ため、選手たちは終始海風を意識しながらレースを進めていました。

そのため、意外と体力や集中力を消耗した1日となったのです。

そして、選手たちが問題の最後の1㎞地点に差し掛かったとき、大落車が発生します。

メイン集団の中での落車であったため、総合上位を狙う有力選手たちが巻き込まれましたが、すでに集団前方に位置していたスプリンターたちは、そのままゴールを目指します。

この日のスプリントを制したのはサム・ベネット選手(ボーラ・ハンズグロエ)。

第3ステージについで、今年のブエルタでは貴重なスプリントステージをものにしました。

「最後の1㎞での落車だったから、スピードもそこそこ出てたしね。集団の真ん中あたりで起こった落車だったから、ちょっとひやひやしたよ。」

ゴール後のフェルナンド・バルセロ選手(エウスカディ・バスク・カントリー・ムーリアス)のコメントでした。

この日は、リーダージャージを維持したのは、プリモッシュ・ログリッジ選手(ジュンボ・ミズマ)。

落車の影響もなかったようでした。

 

 

ブエルタ・エスパーニャ初登場のアルト・デ・アセボ

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

第14ステージから、アストリアスの登りが選手たちを待ち受けます。

この日のスタート地点は、オビエドの市内からバスで1時間半ほどはなれたティネオという村。

このアストリアスも数多くの名サイクリストを輩出した土地。

そのため、小さな山間の村のスタート地点であっても、たくさんの観客が詰めかけます。

そんな観客のサインに丁寧に対応する選手もいます。

リーダージャージのログリッジ選手もその例外ではありません。

そして、このアストリアス出身で今年のブエルタに出走したのは、ダニエル・ナバロ選手(カチューシャ・アルペシン)。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

司会者がナバロ選手に、

「今日は雨が降りますか?」

と質問すると、

「今日は絶対降りません!」

と即答しました。

この日のメインの登りとなるアルト・デ・アセボは、今年ブエルタ・エスパ―ニャ初登場。

しかし、この登りはブエルタ・アストリアスでほぼ毎年のように出てくる場所なので、選手たちにはおなじみの登りです。

加えて、数年前のブエルタ・アストリアスでは、選手たちは雪の中でアルト・デ・アセボを登ることになりました。

そのため、この地方での雨は選手たちに非常に恐怖感を与えるのです。

この日のスタート地点は、出走前サイン台から800mほどはなれた丘の上。

選手たちは、スタート前に少々厳しい坂を登らなくてはなりません。

「いやぁ、アルト・デ・アセボが怖い。」

スタート地点で思わずつぶやいたサイクリストの言葉に、周囲の観客たちから笑い声が聞こえました。

 

 

長い登りが続くアルト・デ・クビーリャ

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

第16ステージのスタート地点は、プラビアという、やはり山間の町。

この日はアストリアス地方の祝日だったため、前日よりもあるかに多くの自転車ファンがスタート地点に集まりました。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

アストリアスでも、トーマス・デ・ゲン選手は人気者。

たくさんの観客が、デ・ゲン選手にサインをお願いします。

この日のメインの登りであるアルト・デ・クビ―リャはゴールに向かう最後の登り。

その登り直前の、ゴール地点まで35㎞の地点では、10人以上の逃げ集団があったものの、メイン集団はジュンボ・ビズマとモービースターがしっかりとコントロールします。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

山岳賞ジャージを身につけたアンヘル・マドラゾ選手(ブルゴスBH)選手にとっても、この日は重要な日になりました。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

結局この日の登りを制したのは、ヤコブ・フルグサン選手(アスタナ)。

今年のブエルタ・アンダルシアを総合優勝した彼が、この日のステージを制することになりました。

 

 

まとめ

今年のアストリアス・ステージは、この地の登りがサイクリストたちを苦しめました。加えて、比較的気温の低い日が続いたので、体調を崩した選手も見受けられました。そして、このアストリアスでのステージが、ブエルタ最終週に影響を与えることになります。

海外カテゴリの最新記事