ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

ロードバイクで街乗りならフラットペダルが最適!その理由をまるごと紹介します!

ロードバイクで街乗りならフラットペダルが最適!その理由をまるごと紹介します!
   
最近はロードバイク人気で、街乗りや通勤に使うという人も増えてきました。ただロードバイクというと、まだまだビンディングペダルでなくちゃいけないと思う人も多いと思いますが、街乗りにはフラットペダルが最適です。ここでは、なぜ街乗りにフラットペダルが良いのか、その理由を紹介します。
   

ビンディングペダルより簡単

 

街乗りにフラットペダルが最適な1番の理由は、ビンディングペダルよりも簡単ということです。

ロードバイクは、早く走ることを目的とした自転車なので、タイヤなどを含め全体的にスリムな構造になっています。

その分、マウンテンバイクやママチャリに比べると安定が悪く、前傾姿勢の乗り方など、最初は慣れなくてはいけないことがたくさんあります。

そこにビンディングペダルだと、さらにハードルが上がります。

ビンディングペダルは、シューズが固定されることで力を最大限引き出すことができるので、最初のころはペダルにシューズを固定させる、そして走りながらシューズをビンディングから外す練習が必須です。

練習すれば簡単にできるようになるのですが、意外と多いのがここでつまづいて、ロードバイクがいやになってしまう人です。

ビンディングがうまく固定できない、または外せないと、転倒することも少なくありません。

とくに急に外せないと、事故につながることもあるので、とても大切です。

かっこよくロードバイクに乗るためなら、一生懸命練習するという人も多いと思いますが、そこまでしなくても、もう少し楽に乗りたいとならば、フラットペダルが簡単です。

フラットペダルならば、特に練習しなくても、普通に自転車を漕ぐ要領で進めます。

 

 

ミカシマ CT-ライト ブラック ペダル 【自転車】【ロードレーサーパーツ】【ペダル・クリート】【ミカシマ】

 

 

急停車による立ちゴケなどがないから安全

ロードバイク フラットペダル

 

ロードバイクでもフラットペダルならば、転倒しそうと言う時でもとっさに足をつくことができます。

フラットペダルだからケガがないとは言えませんが、ビンディングペダルに比べるとケガは格段に少ないと思います。

ビンディングペダルのロードバイクに乗っている人ならば、少なくとも立ちゴケや横滑りなどでの転倒や、でこぼこ道での落車などを経験しているのではないかと思います。

転倒や落車の時に、とっさにペダルからビンディングを外せればよいのですが、スピードが出ていると、それができずにそのままバタンと倒れてしまう場合が多いのです。

サイクリングロードなど、車が来ないような道ならまだしも、一般道の場合転倒したところに車がこないとは言えない場合も多く、そうなるとかなり重篤なケガを負ってしまうことも。

また街乗りの場合は、信号や路地など停まることが多いので、そういう点でもフラットペダルは、いちいち外す必要がないので楽で、それでいてロードバイクを楽しむことができます。

 

 

どんな靴でもOK

ロードバイク フラットペダル

 

フラットペダルならば、専用の靴を買う必要はなく、どんな靴でも使えるところが便利です。

街乗りや通勤ならば、その日の服装に合わせて靴を選ぶことができるので、「服と靴が全然合わない、変な組み合わせになっちゃった」ということにはならないので、人と会う時にも安心です。

またビンディングペダルの場合、専用のシューズが必要になりますが、値段もピンキリとはいえ最低でも1万円前後はするので、それもまた大きな出費といえますね。

そしてビンディングシューズは、ペダルに固定するためのクリートと呼ばれる突起があるので、普通に歩きにくいのです。

よくペンギン歩きと呼ばれますが、まるでペンギンのようなヨチヨチとした独特の歩き方になるのは、滑りやすいためと、突起があるのでどうしてもそういう歩き方になってしまうからです。

街乗りで、どこかにちょっと寄ったりする時に、いちいち靴を替えるのは面倒ですし、そのまま歩くとクリートがすり減ります。

そういうことを考えると、ちょっとサイクリングがてら、お店に寄ったり、ご飯を食べたりといった街乗りには、フラットペダルが良いということがわかるのではないでしょうか?

せっかくロードバイクに乗っているのだから、たまには長距離のライドがしたいという時は、フラットペダルでも効率良く走れる、フラットペダル用のシューズがおすすめです。

フラットペダル用のシューズは、ソールがしっかりとしているので、強く漕いでも足裏が痛くなることが少ないです。

また、滑りにくい素材が使われていたり、ペダリングの時にある突き上げ感も軽減してくれたりなど、フラットペダルでもロードバイクの良さを壊すことなく、ライドを楽しむことができる機能が満載です。

 

 

ファイブテン メンズ サイクリング スポーツ District Clipless Cycling Shoe – Men’s Black/Black/Gold Metallic

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ロードバイクで長距離乗るならば、ビンディングペダルが良いですが、街乗りならフラットペダルが断然おすすめです。何よりもビンディングペダルよりも気軽に乗れます。安定性、コスパ、そして洋服と合わせやすいという点ても、フラットペダルの方が使いやすさはピカイチです。ロードバイクで街乗りするなら、フラットペダルで気楽に、楽しく乗りたいものですね。




ロードバイクカテゴリの最新記事