ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

【落車・転落】ロードバイク中のケガに使えるアイテムをシェアします!

【落車・転落】ロードバイク中のケガに使えるアイテムをシェアします!
   
ロードバイク中は落車や転落まではいかなくても、ちょっとしたケガをしてしまうこともあります。また転んでケガをしたローディがいたら、ちょっと手をかしてあげようと思う場面に出会うことも。そんな時に使えるファーストエイドアイテムをシェアします!
   

ロードバイクとケガは切り離せない

ロードバイク 怪我

 

ロードバイクはスピードが出やすいようにタイヤが細く安定性が悪いので、気をつけてはいても、ちょっとしたみぞにはまってしまったり、カーブの多い下り坂などは転倒しやすいです。

つまりロードバイクに乗っている限り、ケガの大小はあるにしても避けられないことといえます。

ケガをしてしまった時に、最低限簡単な手当ができるかどうか、とりあえず応急処置用品が手に入るコンビニまで行くまで乗り切れるファーストエイドアイテムは、ローディなら用意しておきたいものです。

 

一番多いのが擦り傷と切り傷

ロードバイクで落車した場合、一番多いケガが擦り傷と切り傷です。

ちょっと血がでているような擦り傷ならば普通のバンソウコウを貼っておくだけで大丈夫です。

もう少し深いキズの場合は、キズパワーパッドなどが良いです。

キズパワーパッドは、湿潤療法という治療方法で、傷口を乾燥させずに湿潤状態に保つことで速やかに、そして傷にならずに治す方法です。

バンソウコウやキズパワーパッドを貼る場合は、まず水道などがあれば、先に傷口を流水で洗って雑菌などがはいらないようにしてから貼りましょう。

血がかなり出てなかなか止まらない場合は、止血パッドなどを用意しておくと良いのです。

しかし、あまりにも血が止まらないほどの切り傷の場合、すぐに病院に行った方が安心です。

 

 

 

 

打ち身や打撲には瞬間冷却剤やコールドスプレー

 

ロードバイクでの落車では、擦り傷とともに多いのが打撲や打ち身です。

例えば下りの急カーブを曲がる時、スピードを落としきれないと、曲がりきれずにコースアウトしてガードレールや壁に激突してしまいます。

また初心者によくある「立ちゴケ」というのは、ビンディングペダルがうまく外れないくて、横にパタッと倒れてしまうことです。

例えばきつい上り坂を登っている最中に失速して、足をつきたいのにうまくビンディングがはずれなかったり、コケそうな時に外れない、そんな時に起こるコケ方です。

こんな時にまずぶつかるのが腕、ひじ、膝、すねなどです。

打ち身や打撲の時は、とにかく冷やすことが大切です。

冷やすことで内出血や血腫を抑えたり、痛みの軽減、代謝が低下することで細胞が壊死するのを防ぐ効果が見込めます。

アイシングは早ければ速いほど効果がありますから、叩くと冷たくなる冷却剤やスポーツ用のコールドスプレーなどは、1つは持っておきたいものです。

コールドスプレーは、冷却剤に比べると冷やす効果は少ないですが、コンビニなどまでの応急処置にはなります。

コンビニで冷却剤がない場合は、ロックアイスやチアパックに入ったクーリッシュなどの飲むアイスを代用することもできます。

ここで注意したいのが、湿布はアイシングにはならないということです。

冷やすことを考えると、湿布を思い出しますよね。

しかし、湿布は消炎と鎮痛の効果はありますが、患部をしっかりと冷やすアイシングと言う意味では力不足です。

ロードバイクでの落車や転落での打撲や打ち身はひどいことが多いので、とりえずしっかりとアイシングすることが大切です。

 

 

( 12個セット)ロッテ 冷却用品 ヒヤロン ワンタッチで氷点下!冷却パックまとめ買いセット(快適家電デジタルライフ)

 

 

ひどい場合はすぐに救急車を呼ぶこと

ロードバイク 怪我

 

ロードバイクのケガは、ヘタすると治るまでに数ヶ月を要するような大きなダメージであることも少なくありません。

ケガをしてしまって、動けない、血が止まらない、立てるけどフラフラするなどという時は、迷わず救急車を呼びましょう。

ケガをした直後はアドレナリンが放出されているので、あまり痛みを感じないことも多いです。

落車した際は、すぐに乗り直して出発するのではなく、後ろから追突されないような場所に移動してから、少し休憩を入れて様子をみることも大切です。

またケガをして打撲や打ち身だけだと思っていても、腫れや痛みが長引いている時は、万が一を考えて病院で確認してもらうことも必要です。

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ロードバイク中のケガは、初心者からというものではなく、たとえ10年以上乗っているベテランだとしても、何かの拍子にケガをすることがあります。そのため、ローディの人は最低限のファーストエイドアイテムを持っているに越したことがないわけです。ケガは自分だけでなく、仲間がケガすることもありますので、そんな時のために備えておくことが大切です。

ロードバイクカテゴリの最新記事