今年はここで決まり!一度は訪れたい鹿児島吹上海浜公園の施設をご紹介。

Greenfield

今年はここで決まり!一度は訪れたい鹿児島吹上海浜公園の施設をご紹介。 出典: 県立 吹上海浜公園

広大な敷地に様々な施設が設けられ一日中楽しめる吹上海浜公園は、休日になれば子供連れやカップルなど多くの人が訪れ賑わいをみせます。そんな吹上海浜公園の施設をご紹介いたします。

吹上海浜公園とは

 

吹上海浜公園は、鹿児島県南さつま市にある県立の都市公園です。

公園内は110ヘクタールと広大な敷地となっており、様々な施設が設けられ1日では回りきれないほどの施設が存在します。

吹上海浜公園から鹿児島薩摩半島の西海岸を望むことができ、雄大な自然と一体になってレクレーションやスポーツ、BBQまで楽しむことができます。

 

 

吹上海浜公園の施設紹介

キャンプ施設

 

吹上海浜公園ではキャンプを楽しむことができます。

持ち込んでテントやBBQをすることはもちろんのこと、バンガローや常設テントもあるため、キャンプ初心者の方やお子様連れや女性の方でも安心して楽しむことができるんです。

利用期間も通年営業しているため、年間を通して楽しむことができます。

またキャンプ場内に無料で温水シャワーや洗濯機・乾燥機が完備されているためお子様連れで洋服を汚してしまった、汗をかいてもシャワーを浴びることができるため安心です。

宿泊施設には、管理施設もあり24時間で管理人が常駐しているため安心して利用できるのも、魅力的です。

 

サイクリング

 

薩摩半島のから流れる海風を浴びながら、サイクリングしてみてはいかがですか?

広い敷地内を歩いて回るのは大変。

とおもわれる方必見です。

自転車をレンタルして、広い園内を回ってみてはいかがですか。

レンタルサイクルでは263台もの自転車を貸し出しており、幼児用から大人用まで様々なタイプの自転車が揃っています。

料金は小学生以上1台2時間以内220円(超過料金30分毎50円)、未就学児1台2時間以内110円(超過料金30分毎20円)とリーズナブルな価格設定となっております。

鹿児島の条例により、中学生以下のお子様にはヘルメットの着用が義務化されヘルメットが必要となります。

公園ではヘルメットも貸し出しているため、安全に安心してご利用できます。

コースは1周5.6kmのサイクリングコースとなっています。

 

プール

 

夏といば、プールが定番ですよね。

夏季限定でプールが解放されます。

朝9時〜夕方6時まで解放され、お子様のみならず家族で楽しめるスポットです。

プールは3つあり、小さなお子様でも安心して楽しめる「なぎさプール」や35mもある「35mプール」、大人でも楽しめる本格的な「50mプール」とバラエティーに富んだ施設で夏を満喫しましょう。

料金は小・中学生150円、高校生以上250円、ロッカー使用料は無料で駐車場も無料です。

 

ジャブジャブ池

 

小さなお子さんであれば、興奮して遊ぶのがじゃぶじゃぶ池。

5月1日から8月31日まで無料で利用できます。

 

ローラースケート

 

本格的なローラースケート場は、初心者から上級者まで楽しめるように設計されておりビギナーコース・スピードコース・ジャンプコースなど能力に合わせて楽しむことができます。

料金は高校生以上で1時間200円、高校生以下は100円で楽しむことができます。

 

農園体験

 

吹上海浜公園と南薩少年自然の家が主催する学習農園で、野菜や花、ハーブ作りなど作物の植付けから収穫まで農園で味わえる苦労と喜びを体験できます。

 

フィールドアスレッチック

 

冒険心を奮い立たせるフィールドアスレッチックは、子供の楽園です。

様々な遊具で遊び、お子様の成長と発達を促すのには最適な遊び場です。

 

吹上浜海岸

 

公園から松林を抜けると広がる海。

日本三大砂丘の一つに数えられている吹上浜は、広い砂浜で潮干狩りや地引き網が体験できます。

裸足になって遊ぶもよし、長い砂浜をランニングするもよし、薩摩半島を見ながら波の音に癒されながらたそがれるもよし。

想い想いの時間を過ごされてみてはいかがでしょう。

 

 

施設概要

施設名:鹿児島県立 吹上海浜公園

住所:鹿児島県南さつま市加世田高橋1936-2

連絡先:0993-52-0910

アクセス方法:

<車>

指宿スカイライン谷山ICから約30km 40分程度

南九州道市来ICから約35km 60分程度

<公共交通機関>

鹿児島線(伊作経由)96分

鹿児島線(大阪経由)102分

HP:鹿児島県立 吹上海浜公園

 

 

まとめ

いかがでしょうか。吹上海浜公園の施設についてご理解いただけましたか。様々な施設で休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。またイベントに参加することで、季節感を感じリラックスできるでしょう。もうすぐ暖かくなってくる時期ですが、季節を問わず楽しめる吹上海浜公園に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

公式アカウント

関連記事