東京五輪での大躍進を経て、急速に環境整備が進むスケートボード。今やスクールも多種多様です。なかでもPretty Solid skate schoolは、組織化された緻密な育成システムによる、学校のような環境で人気を博しています。代表の松尾裕幸さんの言葉から、その全貌を解き明かしていきましょう。

トップスケーターとして活躍した20代

Pretty Solid 松尾裕幸

ーまずは簡単に自己紹介からお願いいたします。

松尾裕幸(まつお ひろゆき)です。長野県出身の38歳、スケートボード歴は今年で26年になります。20代の頃はプレーヤーとして生計を立て、その後、30歳という節目を迎えたタイミングで、スケートボードのスクールを始めました。

スクール業は、今年で8年目になります。プレイ以外でも自身の経験や知識、技術を人々に伝えることで業界へ貢献し、また次世代のプレーヤーのためにとの思いで始めました。今はPretty Solid skateparkの経営をしながら、子供たちにスケートボードの魅力や楽しさを教えています。

ー20代の頃はどのようにスケートボードで生計を立てていたのですか?

当時は、スポーツメーカー・アパレルブランド・スケートボードブランドなど、複数のスポンサーがついており、それぞれでライダー契約を年間で結んでいました。プロ野球選手やプロサッカー選手でいう、年俸のような形で収入を得ていたんです。

ほかにも日本各地だけでなく、世界各国もまわり、デモンストレーションや映像撮影を行う活動をしていました。

ー幅広く活動されていたのですね。

そうですね。ビデオパートと呼ばれる、自らのライディングをまとめた映像作品を出したりもしました。雑誌などのメディアに露出した際に、メディアボーナスをもらう契約も結んだりしていましたね。

自分をブランディングすることの大切さ

Pretty Solid 松尾裕幸

ースポンサーとの契約金はどうやって決まるのでしょう?

まず、サポートしてくれるブランド・企業にプランニングやプレゼンを行います。その際、自分がやりたい活動に対して、どのくらいの費用が必要なのか概算を出します。そこに自分の報酬も含めて、契約金額を算出するんです。

ーなるほど。あらかじめ必要な費用を考慮しておくのですね。

はい。その金額を元にスポンサーと交渉を行い、契約を結びます。

スケーターとして滑ることに専念するのは当然なのですが、自らの活動を具体的に社会に示していくこと、そして自分をどうブランディングしていくのかは、スケートボードを仕事として行っていく上で必要なスキルだと思っています。

ー今の若い世代にとっても、すごくためになるアドバイスです。

近年、日本人のスキルはすごく上がっていると感じますが、自身のブランディングについては、プレーヤー側はもっと考えたほうがいいと思うんです。より良い条件下で、プレーに専念できる環境をつくっていく必要があるのかなと。

そういった部分を考えて、Pretty Solid skate schoolの設立につながりました。自分のような経験をしてきた人間が、若い世代に伝えていってあげるべきだと思ったんです。

Pretty Solid 松尾裕幸

ーセカンドキャリアを考えた時に、自らの手で社会的な立ち位置をつくっていく必要があるということですね。

自分たちで社会的ポジションをつくっていかなきゃ、何も変わらないですからね。

「プレーヤーのセカンドキャリアとは何か?」を考えた時に、「スケートボードのスキルをそのまま活かせる仕事がスクールだ」という結論に至り、この事業に取り組み始めました。

現役引退後の受け皿があることは、プレーヤーがスケートボード業界で長く活躍できるだけでなく、スケートボードシーンの向上にもつながると考えています。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

吉田 佳央

1982年生まれ。静岡県焼津市出身。高校生の頃に写真とスケートボードに出会い、双方に明け暮れる学生時代を過ごす。大学卒業後は写真スタジオ勤務を経たのち、2010年より当時国内最大の専門誌TRANSWORLD SKATEboarding JAPAN編集部に入社。約7年間にわたり専属カメラマン・編集・ライターをこなし、最前線のシーンの目撃者となる。2017年に独立後は日本スケートボード協会のオフィシャルカメラマンを務めている他、ハウツー本も監修。ファッションやライフスタイル、広告等幅広いフィールドで撮影をこなしながら、スケートボードの魅力を広げ続けている。