アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

海水浴で溺れそうになったらすべき5つのこと【事故を防ぐ対処法】

海水浴で溺れそうになったらすべき5つのこと【事故を防ぐ対処法】
夏に多発する海水浴中の事故。救助が難しい場合があるため、まずは事故にあわないように心がけることが大切です。今回は事故をふせぐための対策と、万が一の場合の対処法を説明します。海へ行く前にぜひチェックしてみてください。

海水浴で事故をふせぐための5つの対策

海水浴 事故

ひとたび起きてしまうと救助が難しい水難事故。ふせぐために心がけたいことを5つ挙げて説明します。

①開設中の海水浴場で遊ぶ

海で泳ぐときは、開設中の海水浴場を選びましょう。溺れたときに救助活動をしてくれるライフセーバーや監視員がいるためです。閉鎖中の海水浴場では人がおらず、事故にあったときに助からないリスクが高まります。

また、遊泳禁止の看板がないかをチェックすることも大切。海には目に見えないさまざまな危険がひそんでいます。理由があって遊泳禁止にされているため、禁止区域では泳がないように注意しましょう。

②ライフジャケットを着用する

ライフジャケットを着用すれば、楽に身体を浮かせられます。とくに体力がない小さい子どもは、海上で助けをまつまでの間に溺れてしまうことも。ライフジャケットの着用は、もしもの場合に備えて積極的に取り入れたい対策です。

ライフジャケットの選び方には、適切なサイズにするなど押さえておきたいポイントがあります。くわしい選び方や活用方法ついては、以下の記事も参考にしてみてください。

海水浴で役立つ予備知識!「離岸流」とPFD(ライフジャケット)の活用方法について

③子どもから目を離さない

海水浴 事故

海水浴のときには常に子どもと一緒に行動し、目を離さないように注意しましょう。海上保安庁の調査によると、水難事故にあう年齢層は、10代未満や10代の子どもが3分の1以上を占めていました。

子どもは遊びに夢中になりやすく、波の変化や危険に気づかなかったり、知らないうちに沖に流されたりします。浅い場所で溺れることもあるため、保護者である大人は子どもをしっかり見守ることが大切です。

出典:海上保安庁「海で安全に楽しむために

④波が高いときは泳がない

少しでも「波が高いな」と思われるときは、泳がないという選択も大事です。海の波は一定ではありません。急に約1.5~2倍の大きい波がきて、水難事故につながるケースがあります。

波の状態を知るには監視員に聞くだけでなく、以下のポイントもチェックしてみてください。

  • 白波がたっていないか
  • 沖の船が⼤きく揺れていないか
  • 波消しブロックでしぶきが上がっていないか

海が上記のような状態の場合、突然の大波にさらわれる可能性が高まります。海には入らず、日光浴を楽しむ程度にするのが無難です。

⑤お酒を飲んで泳がない

大人はお酒を飲んだ状態で海に入ることは避けましょう。お酒を飲むと、飲まないときと比べて遊泳中の死亡率が約2倍になります。アルコールによって、状況を判断する力や本来の泳ぐ力が低下することなどが原因です。

また、飲酒すると視野が狭くなり、気象の変化や、子どもに危険が迫っているときにも気づきにくくなります。汗をかいて脱水状態になっていると、いつもの飲酒量でも酔いやすくなるのも問題です。

海では開放的な気分になり、「ビール1杯くらいなら」とついお酒を飲んでしまうかもしれません。しかし、飲酒したら絶対に泳がないようにしてくださいね。

出典:海上保安庁「酔泳危険!!飲酒遊泳の危険性について

ページ: 1 2
   
   

ビーチ/海水浴カテゴリの最新記事