アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

フードマイレージを減らすには?食料が届くまでの環境負荷を考えてみよう

フードマイレージを減らすには?食料が届くまでの環境負荷を考えてみよう
フードマイレージを知ると、地球にやさしい食品がわかるようになります。フードマイレージとは一体どういうものなのでしょうか。今回は、フードマイレージの意味や日本の現状を説明。また、フードマイレージを減らすために個人でできることも紹介します。

フードマイレージとは?

フードマイレージ

まずはフードマイレージとはどういうものなのか、いくつかの観点から説明します。

フードマイレージの意味

フードマイレージとは、食料が生産者から消費者に届くまでの距離を示した指数です。食料の輸送量に輸送距離をかけて算出。指数が高いほど、環境にかかる負荷が大きいということです。

フードマイレージの起源

1990年代、イギリスで起きた市民運動「フード・マイルズ運動」がフードマイレージの起源です。フード・マイルズ運動では、「近くで生産された食料を食べるほうが、輸送にともなう環境汚染が少なくなる」という点に着目。食料を生産地で消費し、環境への負荷を減らそうとしました。

フードマイレージの計算方法

フードマイレージの計算方法は、以下のとおりです。

  • 輸送する食料の重量(t)×移動距離(km)

たとえば、3トンのとうもろこしを100km輸送する場合、フードマイレージは300t・km(トンキロメートル)になりますね。重いものや遠くから輸送する食料は、フードマイレージが高くなるということです。

環境への負荷を可視化

いわばフードマイレージは、食料を輸送するときの環境への負荷を可視化したものです。輸送するときは二酸化炭素を排出します。そのため、フードマイレージが高いほど、輸送時の二酸化炭素の排出量が多くなるということです。

出典:農林水産省『「フード・マイレージ」について

 

日本のフードマイレージの特徴

フードマイレージ

日本は輸入に依存しているため、フードマイレージが高い傾向にあります。農林水産省の2008年の資料では、約9,000憶t・kmと世界で最も高い数値になりました。これは、第2位の韓国の約3倍の数値になります。日本はほかの国と比べて、フードマイレージがとても高い数値であることがわかりますね。

フードマイレージ
出典:農林水産省『「フード・マイレージ」について」

上記の同資料によると、日本で食料の輸入にかかる二酸化炭素の排出量を算出すると、約16,900万トン。国内で食料の輸送にかかる二酸化炭素量の約1.87倍です。食料を輸入をするために、たくさんの二酸化炭素を排出していると考えられますね。

日本の食料の輸入割合を上記グラフからみると、穀物と、植物油脂の原料となる油糧種子が多いことがわかります。難しい現状があるとしても、穀物と油糧種子の輸入量を減らすことが、フードマイレージの削減につながるということです。

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事