アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

夏キャンプの服装(ウェア)・アイテムのおすすめを一挙公開

夏キャンプの服装(ウェア)・アイテムのおすすめを一挙公開
夏キャンプの服装選びは、暑さ寒さや日焼け、虫対策などいろいろなことに注意しなくてはならないので大変です。そこで夏キャンプを楽しむために、服装選びのポイントやおすすめの素材、アイテムを紹介します。夏気分を盛り上げる服装でキャンプに出かけましょう!

夏キャンプの服装を選ぶポイント

夏キャンプ 服装

暑さ対策

夏キャンプの服装は体にフィットするタイプより、ゆったりサイズのほうが通気性よく涼しく過ごせます。素材そのものが通気性のよい麻素材などは体感的にも涼しく感じられます。また、汗をかいてしまっても蒸れずにすぐに乾く速乾性も、気持ちよく過ごすために重要なポイントです。

寒さ対策

晴れた日の日中はとても暑くて防寒着なんて考えられない夏のキャンプですが、夜になると驚くほど冷えることがあります。とくに標高が高いキャンプ場や高原キャンプ場は昼夜の寒暖差が大きいもの。寒さ対策をしないで行って、夜寒くて眠れない失敗は夏キャンプあるあるです。

風を通さないナイロンやポリエステル素材の上着があると重宝します。また、ブランケットも肩から掛けたり膝に乗せたり、自由度が高く防寒できるのでおすすめです。

日焼け対策

夏キャンプに日焼けはつきものですが、何も対策せずに日焼けするとやけどのようになることがあるので危険です。日焼け止めクリームを塗ることも大切ですが、衣類でもできる日焼け対策をしっかりしましょう。

つばの広い帽子をかぶったり、肌が露出している腕の部分はアームカバーをしたりします。UVカット素材でつくられた服もあるので、キャンプの日焼け対策としてとても活躍します。

虫対策

夏のキャンプ場はいろいろな虫がいます。蚊やブヨ、アブやハチなど危険な虫が多く、刺されて痒みや痛みがひどい場合は病院へ行く必要があります。

キャンプの基本の服装は長袖長ズボンですが、夏となると簡単にはいきません。日中の暑すぎる時間帯は虫の出現率も少なく、朝夕の少し涼しい時間帯が危険です。そのことを踏まえ、気温が下がり始める少し前に長袖長ズボンに着替えると虫被害を最小限にできます。

焚き火対策

キャンプの楽しみのひとつ、焚き火は火の粉が飛んで大切な衣類に穴が開いてしまうことがあります。また、薪やススで汚れてしまうこともあるので、色の薄い服は汚れや穴あきが目立ちます。エプロンを着用することで、汚れなどから衣類を守り服の劣化を防げます。

キャンプ用エプロンには多くのポケットがついていて、収納にも便利です。エプロン以外の焚き火対策として、難燃素材の衣類を選ぶこと。そうすることで、火の粉による穴あきを最小限にし、燃え広がるリスクをも軽減できます。

 

夏キャンプの服装におすすめの素材

夏キャンプ 服装

コットン

焚き火をするときは服の素材選びも重要です。焚き火は薪のはぜた火の粉で衣類に穴が開き、燃え広がることがあります。化学繊維は燃え広がりやすく、すぐに溶けてしまうので焚き火に近づく際には注意が必要です。

天然素材であるコットンやウールは、火の粉が飛んできてもすぐには燃えず、サッと払えば燃え広がりにくく焚き火に向いています。

ポリエステル

ポリエステル素材は濡れてもすぐ乾く速乾性があります。キャンプ場で急な雨にも対応でき、風を通さない特徴もあるので夏キャンプの上着としてぴったり。丈夫でシワになりにくく、さらには洗濯で縮まないので、アウトドアウェアとしてはメリットの多い素材です。

スコーロン

スコーロンは繊維に虫を寄せ付けない特殊加工が施された防虫素材として注目されています。虫を寄せ付けないのではなく、服にとまった虫がすぐに逃げる効果あり、洗濯をしてもその効果は落ちません。さらに、UVカット機能もあるため、キャンプをはじめさまざまなアウトドアアクティビティに最適な素材といえます。

麻は通気性がよく、吸水・吸湿性が優れている特徴があります。繊維が硬く伸びにくいので汗をかいても肌にくっつくことがなく爽やかに過ごせます。洗濯すると縮んでしまうイメージがありますが、中性洗剤を使用して脱水は軽く絞る程度に、陰干しをすれば風合いをそのまま保てます。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事