アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

誰でも簡単にできるキャンプの虫対策とおすすめ虫よけグッズ4選

誰でも簡単にできるキャンプの虫対策とおすすめ虫よけグッズ4選
「キャンプはしたいけど虫が苦手・・・」という方、多いのではないでしょうか。実際、キャンプ場には人に危害を及ぼす虫も少なくありません。今回は、キャンプ場にいる蚊やブヨなどから身を守るための虫よけ対策や刺されたときの対処法について解説します。

 

刺されたらどうなる?キャンプ場に潜む危険な虫

キャンプ 虫

キャンプ場には多くの虫が潜んでいますが、今回は「蚊」と「ブヨ」について説明します。

危険な虫① 蚊

キャンプ場に限らず頻繁に見かける蚊。どんな特徴があり、刺されるとどんな症状がでるのでしょうか。

蚊ってどんな虫?

蚊は口の針を人の皮膚に刺して血を吸いますが、血を吸うのは産卵を控えた雌のみです。水たまりや空き缶に溜まった雨水などのわずかな水でも繁殖するため、山や住宅街など幅広い場所に生息しています。また活動期間も4月~11月と長いため、刺されやすい虫といえるでしょう。

蚊に刺されたときの症状

蚊に刺されたときの症状は、かゆみと腫れです。軽い症状で収まることも多いですが、蚊に対するアレルギー反応が強ければ、発熱やじんましんなど重症化するケースもあります。

これは蚊が血を吸うときの唾液によるアレルギー反応が原因です。蚊に刺された経験がない乳幼児は、よくある虫刺されだからといって安心せず注意深く観察しましょう。

危険な虫② ブヨ(ブユ、ブト)

ブヨは、どんな特徴があり、噛まれたらどんな症状がでるのでしょうか。

ブヨってどんな虫?

ブヨは、ハエの仲間で、透明の羽をもち、お尻が丸みを帯びています。大きさは約3~5㎜。蚊や蜂のように針をもっていないため、刺すのではなく噛んで人の血を吸います。

活動時期は春から夏。湿度が高く気温が低いときに活発に活動し、湿度が高くなりやすい川など水辺の近くに生息しています。

ブヨに噛まれたとき症状

ブヨに噛まれたときの症状は、強いかゆみ・腫れ・出血点・発熱です。噛まれた瞬間にチクッとした痛みを感じることも。噛まれた直後から徐々にかゆみや腫れなどの症状が強まります。

体質にもよりますが、噛まれた場所から広範囲にわたり赤く腫れるなど重い症状が数週間続くケースも少なくありません。

これは、ブヨが皮膚を噛みちぎり患部から血を吸うときに、毒性の唾液が注入されることが原因です。人によっては、この唾液がアレルギー症状として現れるため症状の悪化や長期化につながります。

 

キャンプ場での虫よけ対策「基本のキ」

キャンプ 虫

虫よけ対策さえできれば、キャンプ場の虫に過剰な心配をする必要はありません。ここではキャンプ場での虫よけ対策の基本を説明します。

露出の少ない服装にする

明るい色の長袖長ズボンを着用し露出を減らしましょう。とくにブヨなどの小さい虫は隙間から入り込んでくることも考えられるため、袖に隙間がないものや足首も守れる靴下などを選ぶとなおよいでしょう。

また黒や茶など暗い色は虫が寄り付きやすいです。服はもちろん雨ガッパや防寒着などの羽織もなるべく明るい色を選んでください。

虫の少ない場所を選ぶ

標高が高い・地面が芝でなく砂や砂利のキャンプ場は虫が少ない傾向があります。また同じキャンプ場でも、川などの水辺の近くや木が生い茂っている林間サイトは虫が多いため、苦手な方は避けたほうがよいでしょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事