アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

サーフィン時に耳栓が必要な理由とは

サーフィン時に耳栓が必要な理由とは
最近ではサーフィン中に耳栓を使用するサーファーが多くなりました。昔と違って、高性能で違和感無く使用できる耳栓が市場に増えたことが理由と考えられす。ここではサーフィンをする際に耳栓が必要な理由と、おすすめの商品を紹介します。

サーフィン時に耳栓が必要な理由とは?

サーフィン耳栓

なぜサーフィン中に耳栓が必要なのか?その理由は、海水や砂などの異物が耳に入るのを防ぐためです。サーフィン中に、耳に異物が入ることで起こる最も有名な病気が「サーファーズイヤー」です。

サーファーズイヤーとは…
冷たい海水が耳の中に浸入する刺激を長期的に受けることによって、外耳道の骨が増殖して耳の穴自体が狭くなってしまう症状です。軽度だと耳の中に入った水や耳垢が出づらくなります。それが原因で炎症をおこすと痛みも伴い、骨の増殖が重度になると難聴も引き起こします。

海水が冷たい時期に海へ入るサーファーに多い病気から、サーファーズイヤーと呼ばれているそうです。重度になると手術を必要とする場合もあり、そうならないためにもサーフィンをする際には、普段から耳栓を使用することをおすすめします。

 

耳栓が敬遠されていた理由

サーフィン耳栓
サーファーなら誰しもサーファーズイヤーにはなりたくないと思いながらも、以前は耳栓を敬遠するサーファーが多くいました。

その理由としては、

  • 音が聞こえづらく、閉塞感や違和感でサーフィンがしづらくなる
  • 耳が痛くなる
  • 正直つけるのが面倒

などが考えられます。

耳は過敏な器官なだけに、少しでも違和感があるとサーフィンに集中できない。しかも耳の形状や付け心地はひとそれぞれ違います。
ですが近年、その悩みを解決するような耳栓が次々に開発されています。それにより耳栓を違和感なく使用するサーファーが増えています。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事