アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ロードバイクの最新スタンドをご紹介!種類や選び方、おすすめもシェアします

ロードバイクの最新スタンドをご紹介!種類や選び方、おすすめもシェアします
ロードバイクのバイクスタンドは、安定して保管できる室内向け自立式や折りたたみ式、携帯用などいろいろなタイプがあります。ここでは、スタンドの種類や選び方、そして最新モデルをご紹介しましょう。

ロードバイクのスタンドってなに?

ロードバイク 最新スタンド 

スタンドとはロードバイクなどの自転車を自立させるための部品です。

通常ロードバイクには、自立するスタンドは装備されていません。そのため、安定して保管したり、屋外では安全に駐輪するためにつかわれるのがスタンドです。

スタンドはこんな用途に便利

スタンドがあると、どんなときに便利なのかをあげてみましょう。

  • 室内保管
  • メンテナンス
  • 駐輪時

室内やガレージなどに保管したり、メンテナンスするには、スタンドは必須といっていいでしょう。

また、通学や通勤でロードバイクをつかったり、ロングライドで休憩のときなど、駐輪場やバイクスタンドがあるとは限らないので、スタンドがあると便利です。

種類は室内用などあわせて4つ

スタンドの種類は室内用や屋外兼用など以下のタイプがあります。

縦置き、横置き型(室内用)自立式ラックや、壁に設置するタイプがある
折りたたみ式ディスプレイスタンド(室内用)前輪または後輪を固定するタイプで、つかわないときは折りたたむとコンパクトになる
後付サイドスタンド(屋外兼用)自転車に直接取り付けるので、どこでも停めることができる
携帯式スタンド(屋外兼用)必要なときに簡単に着脱ができ、コンパクトで持ち運びに便利

 

用途にあわせたスタンド選びのポイント

ロードバイク 最新スタンド

室内用か屋外兼用かを選ぶ

まずは使用するシーンを考えて、室内用か屋外兼用かを選ぶといいでしょう。たとえば、ロードバイクに乗るのは週末のみで、あまり駐輪もしないならば、室内用がいいでしょう。

反対に通学や通勤など、駐輪することが多いようなら、後付けのサイドスタンドや携帯式などがおすすめです。

1台のみか複数台向けかも選ぶポイント

室内向けの自立式スタンドには縦置き型と横置き型があり、さらに1台向けと複数台向けがあります。

複数台のタイプは、壁に設置するタイプや突っ張り棒タイプなどもあり、インテリアの一部としておしゃれに保管できます。

用途によっては両タイプをそろえるのも便利

ロードバイクに乗る回数や駐輪も多く、メンテナンスも頻繁にするなら、室内向けとサイドスタンドの両方をそろえると便利です。

ただ、サイドスタンドをつけると、その分重量が重くなるので、駐輪するのが多い日は携帯用をつかうなど、使い分けるといいかもしれませんね。

ページ: 1 2
   
   

サイクルロッカー(CycleLocker) 倒れない縦置き自転車スタンド クランクストッパースタンド CS-650

FEEDBACK SPORTS(フィードバックスポーツ) VELO COLUM STORAGE STAND ディスプレイスタンド 突っ張り式 シルバー

created by Rinker
FEEDBACK SPORTS(フィードバックスポーツ)
¥19,779 (2022/05/19 23:39:06時点 Amazon調べ-詳細)

Vélo Line(ベロライン) ロードバイク用メンテナンススタンド 折りたたみ式 ディスプレイスタンド ワークスタンド

BIKEHAND自転車フロアタイプパーキングラックスタンド

TOPCABIN自転車キックスタンド アルミ合金製 調節可能 22インチ 24インチ 26インチ 28インチ マウンテンバイク/ロードバイク/BMX適用(ブラック)

 

ロードバイクカテゴリの最新記事