室内にいながらサイクリングができる「サイクルトレーナー」を使っていつでもトレーニング!

Greenfield

室内にいながらサイクリングができる「サイクルトレーナー」を使っていつでもトレーニング!

時間が空いたときにはできるだけ乗っておきたいと思うロードバイクですが、いつも都合よくサイクリングができるとは限りません。時には雨が降ったり、風が強かったり、せっかく時間がとれたのに、外で思いっきり走れないという経験は誰もがあるでしょう。そんなときにおすすめなのが、室内にいながらロードバイクに乗れる「サイクルトレーナー」です。今回はサイクルトレーナーの種類や選び方についてまとめていきます。

サイクルトレーナーとは何か

 

サイクルトレーナーとは、ロードバイクを静止した状態で、ペダルを漕ぐことができるアイテムです。

これを使うと、室内にいながらもロードバイクでトレーニングをすることができます。

普段、できるだけ時間を割いてトレーニングがしたいと思っても、毎日外で走るのは難しいですよね。

そんなときにサイクルトレーナーを使えば、室内で好きな時にロードバイクに乗ることができます。

 

 

サイクルトレーナーの種類について

 

サイクルトレーナーは主に3つのタイプがあります。

それぞれのタイプに特徴やメリット・デメリットがありますので、ポイントを押さえて選んでください。

 

①固定ローラー式

固定ローラー式というのは、ロードバイクの後輪を固定した状態で、ペダルを漕ぐことができるタイプのサイクルトレーナーです。

後輪がしっかり固定されているので、乗ったときにバランスを崩すこともありません。

固定ローラー式には、ホイールの固定方法で2つの種類があります。

1つは、タイヤドライブ式といって、タイヤの部分がサイクルトレーナーと接触した状態でホイールが回転します。

そのため、サイクルトレーナーを使っていると、タイヤがすり減ってしまうというデメリットがあります。

タイヤドライブ式を使うのであれば、サイクルトレーナー用のタイヤを用意しましょう。

2つ目は、リムドライブ式といって、リムの部分をサイクルトレーナーと接触させた状態で、ホイールが回転します。

タイヤがすり減らない代わりに、走ったときの感じは、実走とは少し違います。

また、タイヤドライブ式よりも走ったときに出る音が大きいというのもデメリットです。

 

 

②3本ローラー

三本ローラーは、見た目は3本の筒状の物を並べた形をしており、この上をロードバイクで走ります。

固定ローラー式とは異なり、ロードバイクを支えるものがないため、バランスを取るのが難しい上級者向けのサイクルトレーナーです。

しかし、ハンドリングが難しい一方で、より実走に近い形で走ることができるので、効果的なトレーニングを積むことができます。

 

 

③ダイレクトドライブ式

ダイレクトドライブ式は、後輪を外し、サイクルトレーナーについているスプロケットにロードバイクをセットして走るタイプです。

固定ローラー式のように、ロードバイクの一部分がサイクルトレーナーと接触していないので、部品が消耗する心配がありません。

しかし、他のサイクルトレーナーよりも高価です。

 

 

あると面白いスマートトレーナーもおすすめ

 

スマートトレーナーとは、主に固定ローラー式のサイクルトレーナーとスマートフォンなどの通信機器をペアリングして、走行中の情報を表示してくれる最新のサイクルトレーナーです。

トレーニングなどで走った情報を、終わった後に確認することもできますし、詳しく分析して、トレーニングの効果を知ることもできます。

また、オンラインサイクリングゲーム「Zwift」に対応していれば、画面上のサイクリングコースを走ることができます。

仮想空間上でのサイクリングができるなんて、「テクノロジー」って感じがしますよね。

サイクルトレーナーでの走行は、景色が変化しないので、退屈になってしまいますが、「Zwift」をプレイすれば、自分がペダルを漕いでいくのに合わせて、画面上の景色が変わっていきますし、オンライン上で他のプレイヤーと一緒にサイクリングを楽しむことができます。

 

 

 

サイクルトレーナーと一緒にあるといいもの

 

最後に、サイクルトレーナーと一緒に購入しておくといいものを紹介します。

 

①サイクルトレーナー用のタイヤ、ホイール

固定ローラー式を使用すると、タイヤ、ホイールを消耗してしまうので、普段サイクリングで高価なホイールを使っている人は、もったいないので、練習用のタイヤとホイールを余分に購入しておきましょう。

 

 

②専用マット

サイクルトレーナーとロードバイクの下に敷く専用のマットがあると床を汚さずに済むので便利です。

 

 

 

まとめ

サイクルトレーナーがあると、自分の好きな時間にロードバイクでトレーニングをすることができます。日常的にロードバイクに乗って、能力を高めたいと思っているけど、なかなか外で走る時間が確保できないという人は、サイクルトレーナーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

公式アカウント

関連記事