小学生になったらスキーデビュー♪に迷ってるお父さんお母さん♪冬ならではのアウトドアスポーツを家族みんなで楽しみませんか!?

【冬キャンプのメイク事情】スキンケアとメイクはどうしてる?メイク落としの選び方も

【冬キャンプのメイク事情】スキンケアとメイクはどうしてる?メイク落としの選び方も
これからの季節は冬キャンプのシーズン到来です。女子キャンパーにとっては、肌の乾燥やお手入れなど、キャンプでのスキンケアをどうすれば良いか気になるところ。今回は、冬キャンプでのメイク・お手入れのコツとおすすめメイク落としについて紹介します。

キャンプではナチュラルメイクがおすすめ!ベースに注目で乾燥対策も

冬 キャンプ メイク 化粧

少しずつ風が冷たくなり、本格的な冬キャンプのシーズンが到来。昨今はメディアの影響もあり、冬キャンプを楽しむ女子キャンパーが注目を集めています。

アウトドアで気になるのが、メイクとスキンケアをどうするのかということ。

普段と違う場所では、どんなメイクがいいの?お湯が出ないけどメイク落としはどうしよう?など困ったことはありませんか。

この記事では、冬キャンプでのメイクやスキンケアについて詳しく解説していきます。

冬キャンプは日焼け・乾燥対策がカギ

冬キャンプで起こりやすい肌トラブルは日焼けと乾燥です。夏の方が紫外線量はたしかに多く、日焼けしやすいイメージがあります。

しかし、冬でも紫外線は一定量降り注いでおり、とくに標高の高い高原キャンプ場などは平地に比べ紫外線の量が多く日焼けしやすいのです。

また、秋~冬は肌が乾燥でダメージを受けやすい状態。とりわけ、焚火の近くでは乾燥が進みやすくなっています。

そのため、冬キャンプでは日焼け対策と乾燥対策は必須です。下地やファンデーションはUVカット機能があるものにしましょう。

下地はUVカットのほか、保湿力が高いものを選ぶと、うるおいをキープしてくれます。

冬キャンプではナチュラルメイクがおすすめ

冬キャンプに限らずアウトドアでは、自然の雰囲気とマッチするようなナチュラルメイクをしているという女性キャンパーの方が多数。

前述したように、保湿力の高い下地を選ぶとツヤ感がアップし、ファンデーションを濃く重ね付けする必要もなく、明るい仕上がりです。

また、ファンデーションが薄付きだと、メイク落としが容易になるという点でも、ナチュラルメイクはおすすめ。

保湿に優れた色付きリップを使用すれば、唇を乾燥から守りほどよく発色するので、ナチュラルメイクとの相性も抜群です。

メイクポーチ内はスッキリと!化粧品サンプルも活用

ポーチの中からメイク道具を取り出す際にうっかり落としたり、暗くてポーチの中身が見えないことがあると、せっかくのアウトドア気分が落ち込みますよね。

ポーチは仕切りのあるタイプなら、暗いところでもサッとお目当てのものが取り出せて便利です。

外でメイクをなおすことを考えると、メイク道具は厳選していくことをおすすめします。メイク道具も小分けの容器にいれるなど、使用する分だけ持っていくようにしましょう。

また、化粧品のサンプルなどを活用するのもおすすめ。とくにシートタイプのアイメイク・リップなどのサンプルはかさばらず重宝します。

 

お湯が出なくてもOK!メイク落としとお手入れのコツ

冬 キャンプ メイク 化粧

冬キャンプでたくさん楽しんだ後は、メイクを落としてスッキリしたいですよね。しかし、キャンプ場ではお風呂やシャワーがないところもあります。

お湯が出ない冬の水道水は冷たくて厳しいものがありますね。そんな時はどうしたらいいでしょう?

メイク落としはふきとりタイプが吉

冬キャンプでのメイク落としはシートタイプがおすすめ。ふきとるだけなので水を使わず、お湯が出ないときにもさっとメイクを落とすことができます。

とくに、荷物を減らしたいキャンプでは、メイク落とし・洗顔・化粧水と3つの役割をしてくれるメイク落としシートが便利です。

使用するときは、こすらずにメイクを浮かしてしみこませるようにふきとるのがポイント。

また、乾燥が気になる方にはリキッドクレンジングタイプがおすすめです。たっぷりとコットンにとり、メイクをふきとって落とします。

リキットタイプは水分量を自分で調整できるので、シートよりも肌への負担が少なくやさしくお手入れしたいときにぴったりです。

非常時にも使える!意外なお役立ちグッズ

コットン

リキッドクレンジングタイプで使用するコットンは、意外にも使い道がたくさんあるお役立ちアイテム。

前述したメイク落とし以外にも、ケガをした際に消毒液を含ませる、鼻血が出た際に丸めて詰めるといった、救急グッズとしての使い道もあります。

また、スマホがうっかりホコリまみれになったときもコットンでさっとふけばきれいになります。

コンパクトミラー(ライト付き)

鏡はメイクの必需品です。キャンプ場の水道では鏡がないところもありますので、小さなものをひとつ持っていきましょう。

ライト付きのものであれば、夜間や暗い車中でも使えるのでおすすめ。キャンプでは明かりは貴重なもの。ちょっとしたときに手元を照らすときにも使用できますね。

キャンプカテゴリの最新記事