ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

焚き火ガジェット「FireWood Home」は火を使わずに本格的な炎と音が楽しめる

焚き火ガジェット「FireWood Home」は火を使わずに本格的な炎と音が楽しめる
タカラトミーアーツから、家の中でも本格的な炎のゆらぎと音を楽しむことができるLEDライトを使った“たき火ガジェット”『FireWood Home』を、2021年7月29日(木)から発売します。

FireWood Home

FireWood Home

『FireWood Home』は、たき火の光や音を火を使わずに楽しめる商品です。本体は組み上げた薪の形をしており、炎のようなゆらぎを再現したLEDライトと、内蔵されたスピーカーから流れる薪のはぜる音で、本格的なたき火の雰囲気を演出します。

アウトドアモード

FireWood Home

実際のたき火のように、火を付けてから消すまでをリアルな演出とともに再現できるモードです。
本体の「タッチセンサー」を左から右にマッチを擦るようになぞると、薪の中にある「種火部分」にライトが点灯します(着火)。
続いて本体の「ブレスセンサースイッチ」を指で押さえたあと中央に息を吹きかけると、薪に火が移りLEDが炎のように点灯します。
消火の際は、「タッチセンサー」を左右に繰り返しなぞるとライトが消えます。

FireWood Home

ライティングモード

FireWood Home

『ForeWood Home』をインテリアライトとして楽しむことができるモードです。
本体の「タッチセンサー」を左から右へ繰り返しなぞることで、LEDの点灯が<種火→薪(明るさ小)→薪(明るさ大)>の順に5段階に強くなっていき好みの強さに調整できます。
逆に右から左へ繰り返しなぞると、光が弱まっていきます。

安全なのに本格的!デイリーに使えるたき火ガジェット

FireWood Home

『FireWood Home』の最大の特長は、その炎の揺らぎにあります。
近年、たき火の炎に“癒し”を感じる人が増えており、たき火を映した動画なども人気を集めています。
その炎が生み出す自然なゆらぎを、独自開発したプログラムによるLEDの光の揺れで再現しました。

もう一つの特長は、たき火の魅力の一つでもある音です。薪がはぜるパチパチとした特有の音を出すために、里山に登って実際にたき火をし、音を収録しました。この録り下ろし音が本体に内蔵しているスピーカーから流れる仕組みになっております。音量はミュート、小、大の3種類を選べます。
このように細部にまでこだわった造りで、火を使わなくてもたき火の魅力を楽しめる本格的な“たき火ガジェット”が完成しました。火を焚くことが難しい屋外やベランダ、家の中でも気軽にたき火が楽しめ、何も燃やさないので環境にも優しい商品です。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
¥4,200 (2021/10/16 18:42:19時点 Amazon調べ-詳細)

メーカーカテゴリの最新記事