ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

「非情の山」K2に史上最年少で登頂した日本人クライマー青木達哉

「非情の山」K2に史上最年少で登頂した日本人クライマー青木達哉
   
山登りの人気とともに、本格的なクライミング技術や世界的なクライマーへの注目度が上がっています。青木達哉さんは日本人のアルパインクライマーとして、世界的にも若手の注目株です。今回は、最も登頂が難しいと言われるK2の最年少登頂記録を持つクライマー、青木達哉さんをご紹介します。
   

非情の山と呼ばれるK2

K2青木達哉

 

K2はヒマラヤ山脈に連なる、カラコルム山脈にある標高8,611mの世界第2位の高さの山です。

その高さにもかかわらず、人里離れた極地にあるため、1856年から始まった山岳調査までその存在が知られていませんでした。

この調査ではイギリス統治時代のインド測量局が行い、カラコルム山系の南側から標高の高い頂にカラコルム(Karakorum)の頭文字Kをとって、K1、K2、K3、K4~K35と測量番号を付けました。

以降、この測量番号を付けられた山々はさまざまな名称を付けられることになりましたが、K2だけはこの測量番号がそのまま山の名称として現在も使用されています。

19世紀後半まで発見されなかったほどの環境下ですので、登頂のアプローチの難易度、気象状況などは困難を極め、世界一難しい山と言われています。

雪崩、滑落の危険性が高く、8,000m峰の中で唯一、冬季の登頂が未だに達成されていない山です。

エベレストや他の山々と比べても、遭難者、死亡者の数が突出して多く、1956年に発表されたノンフィクション小説のタイトルから「非情の山」とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

最年少登頂記録を成し遂げた青木達哉

クライミング青木達哉
出典 Tatsuya Aoki official website

 

2006年8月1日、日本山岳会に大きなニュースが飛び込みます。

東海大学の登山隊がK2登頂に挑戦し、小松由佳隊員と青木達哉隊員のアタック隊が登頂に成功。

小松由佳さんは日本人女性としてはK2初登頂、世界でも女性では8人目の快挙であり、青木達哉さんは21歳10か月という世界最年少での登頂という一大快挙でした。

歴史的な登頂に沸いた後、下山時にふたりは消息不明となり、一時は騒然となります。

8,200mの高所で酸素が切れ、体力の限界からビバークを余儀なくされます。

無線も繋がらなくなり、キャンプでは遭難の可能性と判断され、捜索の準備が進む中、奇跡的に自力で生還を果たします。

世界的にも青木達哉というクライマーの名前が歴史に刻まれた出来事でした。

 







登山カテゴリの最新記事