季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

キャンプで楽しむホイル焼き!失敗しない包み方のコツと絶品レシピ

キャンプで楽しむホイル焼き!失敗しない包み方のコツと絶品レシピ
   
アルミホイルで食材を包んで焼くだけで簡単に美味しい一品料理が作れるホイル焼き。家庭料理の定番メニューとして人気ですが、実はキャンプ料理にぴったりの料理です。今回はそんなホイル焼きの魅力と調理のコツ、おすすめレシピをご紹介します。
   

キャンプ飯に最適!ホイル焼きの魅力

キャンプ ホイル焼き
外の空気を感じながら味わうキャンプ料理。

バーベキューのようにワイワイ楽しむものから、ダッチオーブンなどの専用調理器具を使う本格的なものまで、さまざまなものがありますが、今回おすすめしたいのが「ホイル焼き」です。

ホイル焼きの魅力は、なんといっても特別な道具がいらず、アレンジを楽しめるということころ。食材をアルミホイルで包んで焼くだけ、という手軽さはもちろん、中から何が出てくるのかわからない特別感や、開けたときにふわっと広がる良い香りもホイル焼きならではの特徴でしょう。

また、野菜やお肉、魚をいれる定番メニューから、フルーツなどを使って作る熱々のスイーツまでさまざまな、メニューを楽しめるのもグッドポイント。

包む工程が楽しく、子どもも一緒に作れるので、家族で楽しむキャンプ料理にももってこいの料理といえます。

 

ホイル焼きはコツしだい!

簡単に作れるホイル焼きですが、焦げ付きや生焼けで失敗してしまうことも…。じつは上手にホイル焼きを焼き上げるポイントは、アルミホイルの包み方に秘密が隠されています。

包み方は何通りかありますが、ここでは基本的な包み方とでき上がりに差がつく調理のポイントについて解説していきましょう。

1.アルミホイルをカット

キャンプ ホイル焼き
まず、アルミホイルをカットします。このときアルミホイルの横幅の倍くらいの長さに切っておくと包みやすいです。

2.下半分に油を塗る

キャンプ ホイル焼き
カットしたアルミホイルの下半分にサラダ油やバターなどを塗ります。

縁から2センチのところまでを塗るようにしましょう。刷毛があると便利です。

3.アルミホイルに食材をのせる

キャンプ ホイル焼き
油を塗った部分に食材をのせます。中央が山にならないよう、平たくなる感じにのせると全体に火が通りやすくなります。

4.アルミホイルの上端と下端を揃える

キャンプ ホイル焼き
アルミホイルの下側に上側を重ねるようにします。これで食材が包まれることになります。

ポイントは、アルミホイルの上端と下端をぴっちりと揃えること。ちょうど折り紙を折るような感覚で、端と端を重ね合わせます。

ホイル焼きは食材から出た水分を水蒸気に変えて、蒸し焼きにする調理法でもあるので、アルミホイルに隙間ができると焦げやすくなります。ですので、折る工程をきっちりとして密閉するようにしましょう。

5.アルミホイルの下端をきっちり折る

キャンプ ホイル焼き
上端と下端を揃えたら、下から折り返し、1センチ位を2回折り返しましょう。きっちり封をする感じで折るのが失敗しないコツです。

これで筒状になります。

6.左右も同じように折る

キャンプ ホイル焼き
左右の口があいているところも、端と端を合わせて2回下から折り返します。きちんと折ったら完成です。

これで火にかければ、生焼けや焦げ付きの失敗が少なく、上手に焼き上げることができるでしょう。

焼き上がって開くときは、中央に穴を開け、X字のようにハサミでアルミホイルを切って広げると中身を崩すことなくきれいに食卓に出すことができます。

また、焼くときには焚き火だけでなく、スキレットなどにのせて焼くことも可能です。そういった調理器具を使えばより手軽に焼くことができ、洗い物も出ません。

スキレットごと食卓に出してもおしゃれですね。

使い終えたアルミホイルは燃やせるゴミとして、小さく丸めて処分すればOKです。

 

ホイル焼きにおすすめの食材

ホイル焼きの包み方のポイントがわかったところで、ここからはホイル焼きにぴったりの食材をご紹介していきます。どれも手に入りやすいものばかりなので、さまざまな食材で試してみてくださいね!

ホイル焼きおすすめの食材:きのこ類

キャンプ ホイル焼き
1年を通して手頃な価格で手に入るきのこ類は、意外と水分もしっかりとあり、火が通りやすいのも特徴です。どんな食材とも合わせやすく、ローカロリーでもあるのでヘルシーなホイル焼きを作ることができます。

ホイル焼きおすすめの食材:トマト

キャンプ ホイル焼き
トマトも水分が多く、火を通しやすい食材のひとつです。火が通ったときの独特のトロッとした舌触りと爽やかな酸味は、ソースとしても代用できます。

色合いもカラフルで見栄えがいいので、ぜひ取り入れてみてください。

ホイル焼きおすすめの食材:魚の切り身

キャンプ ホイル焼き鮭やタラ、ぶりなどの魚の切り身は、玉ねぎやキノコなどの野菜の上にそのまま上にのせて焼くだけで御馳走になる食材です。

火も通りやすく、塩鮭など味付きのものであれば、味を決めやすいというメリットもあります。季節によって出回る魚も違うので、季節の魚を使って旬の味を楽しみましょう。

 

キャンプ飯にも!ホイル焼きおすすめ3品

ここらは、キャンプ料理でおすすめのホイル焼き3品をご紹介していきます。おかずやメインになるものだけでなく、あま〜いスイーツメニューもピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね。

①鮭ときのこのホイル焼き

キャンプ ホイル
<材料(1人分)>

  • 甘塩鮭……1切れ
  • しめじ……1/2パック
  • えのきたけ……1/4株
  • 塩、胡椒……適量
  • バター……10g
  • サラダ油……適宜

<作り方>

  1. しめじとえのきたけは小房に分ける。アルミホイルの下半分にサラダ油を塗る。
  2. アルミホイルのサラダ油を塗った部分にえのきたけを並べ、その上にしめじも並べる。
  3. 2.の上に甘塩鮭をのせ、塩、こしょうをふり、バターをのせて、アルミホイルを閉じる。
  4. 3.の包みを15分焼く。

※スキレットの場合も加熱時間は15分。最初は中火、最後の5分は弱火で調整します。

②豚ロースと夏野菜のホイル焼き

キャンプ ホイル
<材料(1人分)>

  • 豚ロース(薄切り)……90g
  • ミディトマト……2個
  • ズッキーニ……中1/2本
  • ししとう……5本
  • 焼肉のたれ……大さじ2.5
  • サラダ油……適宜

<作り方>

  1. 豚ロースは一口大の大きさに切り、焼肉のたれで和えてなじませておく。ズッキーニとトマトは5ミリの輪切り、ししとうは斜め2等分に切る。
  2. アルミホイルの下半分にサラダ油を塗る。
  3. 2.に1.のズッキーニとトマトを交互に並べる。
  4. 3.の上に豚ロース肉を並べ、ししとうを散らす。アルミホイルを閉じる。
  5. 4.の包みを20分焼く。

※スキレットの場合も加熱時間は20分。最初は中火、最後の5分は弱火で調整します。

③桃とぶどうのパン・ペルデュ

キャンプ ホイル
<材料(1人分)>

  • 食パン……1枚
  • 玉子……1個
  • 砂糖……大さじ2杯
  • 牛乳……大さじ4杯
  • 桃……1/2個
  • 黒ぶどう……5粒
  • バター……20g
  • メープルシロップ……お好みで

<作り方>

  1. 食パンは9等分にカットし、玉子と砂糖、牛乳を溶いたものにつけておく。桃はくし形に、黒ぶどうは半分にカットする。バターは室温に戻す。
  2. アルミホイルの下半分にのバターを塗り、食パンを並べる。上に桃とぶどうをのせてアルミホイルを閉じる。
  3. 2.を15分焼く。
  4. 包みを開けたらお好みでメープルシロップをかけてできあがり。

※スキレットの場合も15分最初は中火、最後の5分は弱火で調整します。

まとめ

いろいろな材料を包んで料理ができるホイル焼き。後片付けも簡単で、火にかけたら放っておけばできてしまうのも魅力的です。シンプルですが、材料の組み合わせを考えると奥が深く、アレンジも自由自在。油をあまり使わないのでとてもヘルシーというのも嬉しいポイントですね。次のキャンプでは、ホイル焼きにぜひ挑戦してみてくださいね。

 







キャンプカテゴリの最新記事