季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

コロナ禍のいま!おうち時間でサーフィンを上達させるおすすめトレーニング

コロナ禍のいま!おうち時間でサーフィンを上達させるおすすめトレーニング
   
サーフィンはとても魅力的で、同時に難しいスポーツです。毎日のように海に入って練習できるのが一番理想ですが、一般サーファーには非現実的です。そこで今回は自宅などでできる簡単なトレーニング方法を紹介したいと思います!
   

サーフィン上達のための体幹トレーニング

体幹トレーニングはサーフィン上達には欠かせません。しっかりとした体幹は、パドリング時や、テイクオフ後のボードコントロールの時にも役立ち、いいパフォーマンスに繋がります。

ここでは一般サーファーにおすすめの基本的な体幹トレーニングをご紹介します。

トレーニング①クランチ

サーフィン 自宅トレーニング

腹筋をダイレクトに鍛えるポピュラーな方法です。

主に腹直筋を鍛えるこちらのトレーニングはライディング中の体勢を安定させる効果があります。初めは10~20回などやりやすい回数かはら始め、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくといいでしょう。

トレーニング②プランク

72ea58f3ccebb1dee0ebbe46790c9817-1024x683-compressed-compressed

こちらも主に腹筋を鍛えるトレーニングです。

クランクと違って動きの少ないトレーニングですが、効果があります。このトレーニングを日常的に行っていくとパドリング時やライディング時の安定感が増すことを実感できると思います。

初め慣れないうちは20~30秒でおこない、徐々に時間を延ばしてみたり、片足を上げた状態で左右おこなうなど難易度を上げていくといいでしょう。

トレーニング③サイドプランク

サーフィン 自宅トレーニング

プランク同様、姿勢維持のトレーニングです。

サーフィンでは、不安定なサーフボードの上で体を捻りボードコントロールをおこなうような動作があります。

サイドプランクはそんな姿勢をサポートする腹斜筋を鍛える効果があります。プランク同様、時間を延ばしたり片足を上げたりして難易度を上げるといいでしょう。きちんと左右同様におこないましょう。

 

パドリング上達のためのチューブトレーニング

サーフィン 自宅トレーニング
ご存じの方もいると思いますが、パドリングの上達にはチューブなどを使用すると効果的にトレーニングすることができます。

ただトレーニングといっても、チューブをガンガン引っ張って腕や肩の筋肉を鍛えるイメージではありません。

あくまでチューブを使用して適度な負荷をかけながら肩甲骨の可動域を大きくするイメージで使用するのがおすすめです。

サーフィン時はパドリングしている時間が圧倒的に多いです。パドリングを楽にできる体ができているとよりサーフィンが楽しめます。

パドリングで重要なのは体幹の安定と肩甲骨の可動域です。日頃デスクワークなどが多い方は、特に日頃から肩甲骨まわりを動かしておくといいと思います。

EXTRAチューブトレーニングはDVD解説つきでおすすめです!

チューブセット

 

フォーム練習にはスケボートレーニング

波にうまく乗るためには乗っている時のフォームが重要です。

フォームを練習するには反復して練習するのがベストですが、海では波に乗れる本数も限られているので反復練習は難しいです。

そこで、スケボーが大活躍するのです!スケボーを使用することで海ではできないフォーム練習をしっかりと行うことができます。

クレイトンさんのSK8トレーニング動画

こちらは海外の動画になりますが、登場しているのはサーフィンコーチのクレイトンさん。南アフリカ出身のトッププロ、ジョーディ・スミスをコーチしたことでも有名です。

以前NHKの『奇跡のレッスン』という番組でも紹介されたことがあります。

そのクレイトンさんがサーフスケートを使ってターンを説明する動画です。ここで紹介される、まっすぐな棒をハンドルのように握っておこなうターン。

このフォームが重要です。このフォームができるとサーフィン中もスピードにのったままターンをすることができます。

上半身だけを回してボードを振り回すようなボードコントロールをすると失速して良いターンができません。

そんなサーファーの方の矯正にもなるような動画です。

サーフスケートならCARVER

サーフスケートは様々なブランドがありますが、サーフスケートの代名詞ブランドといえばやはりCARVER。

乗り味はスムーズでサーフィンのターンに近いフィーリングが得られます。

CARVERでもトラックがC7とCX4の2タイプがありますが、筆者はスムーズな反発のあるCX4がおすすめです。

長さはショートボードの動きをイメージされるなら30インチ前後がいいかと思います。

カーバースケートボード

 







サーフィンカテゴリの最新記事