半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

三河地方のサーファー必見!三河のおすすめサーフィンスポット

三河地方のサーファー必見!三河のおすすめサーフィンスポット
   
愛知県三河のサーフィンエリアは「豊橋エリア」と「田原エリア」に分かれていて、およそ50kmの海岸線に無数のサーフポイントが存在します。今回は、サーフィン初心者の方に向けた、国道からアクセスしやすいポイントと波質が落ち着いているポイントに分けてご紹介します。
   

国道からアクセスしやすい「豊橋エリア」

サーフィン 三河

 

豊橋・田原エリアのサーフポイントにアクセスする際は、一般的に国道23号線から国道42号線を経由してサーフポイントに向かうことになります。

豊橋・田原エリアのサーフスポットは東西に50kmと幅広く点在していて移動するだけでもかなりの時間がかかり、中には国道42号線からビーチまでの道のりが未舗装で非常に狭く、駐車場もない穴場的スポットも存在します。

まず、国道23号線からも近く、どんな車でもアクセスしやすいポイントをご紹介します。

 

潮見坂

潮見坂は【TRSサーフショップ前】【エネオス前】【トイレ前】と広く3つに分かれており、混雑しても比較的ポイントパニックにはなりづらいです。

各ポイントは国道23号線沿いに広がり、もちろん道路は舗装され車幅も十分でどんな車でも楽にアクセスできます。

また、トイレ・シャワーもあり駐車スペースも多く確保されています。

波質はまとまった降水後には地形が決まりキレイにブレイクしますが、サイズが上がると非常に強いカレントが発生するため初心者の方は注意が必要です。

 

寺沢

国道23号線【野依IC】からおよそ15分程の距離に位置し、ローカル色はまったく感じられるず、ポイントも広く混雑することは少ないため初心者向きといえます。

波質も初心者向けでファンウェイブを楽しめますが、風の影響を受けやすく面が乱れがちです。

設備としては、しっかりとした駐車場付近にトイレが完備されており、駐車場も舗装されていてどんな車でもアクセス可能です。

シャワーは無いためポリタンクは必須です。

 

伊古部

国道23号線【野依IC】からおよそ10分程の距離に位置し、昔はローカル色も強く豊橋エリアでもっとも人気なスポットでしたが、近年は落ち着き初心者の方も楽しめるポイントとなっています。

国道42号線から海岸までも片側1車線の道が十分に確保され、駐車場もすべて舗装されていて非常にアクセスしやすいポイントです。

また、坂を上がればコンビニもあり、駐車場横にもトイレが男女に分かれ完備されています。

足を洗ったりポリタンクに水を貯められる水道もあります。地形が変わりやすく低気圧や台風の影響を受けやすいため急なサイズアップに注意しましょう。

 

 

波質の良さで選ぶなら「田原エリア」

サーフィン 三河
出典:田原市サーフィン協会

 

田原エリアのサーフポイントでは流れのキツイ危険なポイントや、波質が早めでチューブを味わえるような上級者むけのポイントと、初心者の方におすすめできない場所もあります。

今回は、その中でもサーフィンスクールも行われるような、ゲットもしやすく流れも比較的落ち着いていてサーフィン初心者の方でも楽しめるポイントをご紹介します。

 

ロコ

道の駅、あかばねロコステーションの隣にあるポイント【ロコ】は国道42号線からアクセスもしやすく、舗装された駐車場やトイレも完備されています。

波質は堤防があるため地形も変わらずライトブレイクがメインで、サイズが上がってもキレイに割れる事から非常に人気なポイントです。

堤防に吸い込まれる流れがあるため注意が必要ですが比較的ゲットもしやすいといえます。

ローカル色は無いとは言えませんが、ロングボードもショートボードも楽しめる事から、波が良い週末にはポイントパニックになることが多くあります。

 

全日本

赤羽港の隣にある【全日本】は波質はトロ厚めが多く初心者の方にぴったりなポイントと言えます。

駐車場とトイレは全日本付近にはなく、近隣の方に迷惑がかからないように赤羽港の駐車場を利用しましょう。

トイレは赤羽港の駐車場に完備されており、シャワーも坂の上のサーフショップで24時間解放されており、1分30秒100円で利用できます。

坂の上から確認すると実際の波のサイズより低く見えるため注意が必要です。

堤防とテトラのおかげで地形が変わることはなく、ポイント中央がキレイに割れるトロ厚めの波質から上級者は比較的少なく、初心者の方でも気兼ねなく練習することができます。

 

新日本

【新日本】は国道42号線【若見】交差点を左折して坂を下ったところにあり、未舗装で台数は少なめではありますが駐車場もトイレも完備されています。

波質はテトラポットのおかげで地形も変わらず、サイズが上がってもキレイな三角波でブレイクする非常に人気なポイントのため、度々混雑しポイントパニックが起きるのでその点は注意が必要です。

ゲットのしやすさは豊橋・田原エリアの中で1番といっても過言ではないことから近年はサーフィンスクールも多く行われています。

 

 

まとめ

台風のウネリが入れば知多半島や蒲郡にもサーフィンできるスポットが現れる愛知県三河地方には、多くの方がサーフィンを楽しまれています。ポイントにより地形は様々で、うどと呼ばれる特有の海流から、強い離岸流も発生する場所もありますので、初心者の方はサーフィンをする前に十分に下調べを行うことをおすすめします。また、サーファーの方同士や近隣の住民の方とのトラブルを起こさないためにもしっかりマナーを守り楽しみましょう。






サーフィンカテゴリの最新記事