アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

マウンテンバイクのオンロオード化カスタマイズは汎用性を生かす!

マウンテンバイクのオンロオード化カスタマイズは汎用性を生かす!
マウンテンバイクはもともと山道を走るために設計されていますが、その汎用性の高さからオンロード化カスタムも人気です。じつはロードバイクに勝るメリットもある、おすすめスタイル。今回はマウンテンバイクをオンロード化するポイントを徹底紹介します。

マウンテンバイクをオンロード化するメリットとは?

マウンテンバイク オンロード化

 

マウンテンバイクは本来オフロード用の自転車で、山道などを中心に走る乗り物です。

オンロードももちろん走れますし、よりオンロードを軽快に走るためのオンロード化カスタマイズパーツもあります。

でも、オンロード用に開発したクロスバイクやロードバイクを買ったほうが手っ取り早いですよね。

あえてマウンテンバイクをオンロード用にカスタマイズするメリットは、どこにあるのでしょうか?

 

1つの自転車で走れるコースが増える!

ロードバイクやクロスバイクは、オンロードであれば非常に快適な自転車です。

しかしそのためには軽量化が必須で、軽くした分オフロードに対応するパーツは使っていません。

マウンテンバイクはオフロードにも対応しますし、オンロード化カスタムすることで舗装路の走行性能も上がります。

もちろん本格的なトレイルを走る能力はなくなりますが、快適に走れるコースが増やせるのはメリットですよね。

 

ロードバイクに勝るポイントも

ロードバイクはオンロード特化の自転車で、性能だけ言えばオンロード化したマウンテンバイクではかないません。

しかし、太いタイヤを履けたり、フレーム剛性が高いなどのメリットもあります。

その分重たいのはデメリットですが、砂利道を走ったり、荷物を多く載せることを考えるとメリットになりますね。

自転車ツーリングなどでは、あえてマウンテンバイクをオンロード化する人も少なくありません。

 

 

マウンテンバイクをオンロード化ポイント①ハンドル

マウンテンバイク オンロオード化

 

マウンテンバイクはフラットハンドルを採用していますが、オンロード化するなら取り替えたいパーツです。

フラットハンドルでは手のポジションを左右にいくらかずらせるだけなので、長時間乗ることを考えると疲れてしまいますよね。

また、グリップも堅いのも長時間握るとつらいので、改善したいポイントです。

 

ブルホーン化が一般的

ロードバイクのドロップハンドルも、オンロードを走ることを考えれば有効です。

しかし根本的なパーツが大きく違うため、ドロップハンドルに付け替えるのは大変です。

マウンテンバイクの場合、前に突き出すような形のブルホーンバーがおすすめです。

ブレーキバーなどのパーツを基本的に流用できるため、比較的安く、簡単に交換できるのがうれしいですよね。

日東 RB-021 25.4mm ブルホーンバー ブラック 400mm

NITTO(日東) ドロップハンドル RB-021-380x26.0
NITTO(日東) ドロップハンドル RB-021-380×26.0

 

一緒にステムも変えると効果倍増

ハンドルを変えると握る場所が変わるので、違和感がある場合もあります。

その場合は、ハンドルを自転車に固定しているステムも変更すると効果的。

ハンドルとコラムに規格を合わせるのはもちろん、適した長さと角度はそれぞれ体形によって違うので、なるべくショップで相談して購入するといいでしょう。

 

kalloy(カロイ) アジャスタブル(可変)アルミステム 25.4㎜

kalloy(カロイ) アジャスタブル(可変)アルミステム 調整角度:0-60度 AS-820
kalloy(カロイ) アジャスタブル(可変)アルミステム 調整角度:0-60度 AS-820

バーテープの用意もお忘れなく

ブルホーンバーの握りの部分は、バーテープでカバーします。

オンロードもオフロードも走れることを考えれば、衝撃を吸収してくれるバーテープがおすすめですね。

素材はいろいろありますが、EVA素材が柔らかく価格も安めなのでおすすめです。

 

VELO ベロ バーテープ EVA ブラック

VELO(ベロ) バーテープ EVA ブラック
VELO(ベロ) バーテープ EVA ブラック

 

ページ: 1 2 3
   
   

マウンテンバイクカテゴリの最新記事