ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

KINTONE(キントーン)、公道を走れる電動自転車「Kintone X」先行販売開始

KINTONE(キントーン)、公道を走れる電動自転車「Kintone X」先行販売開始
   
KINTONE(キントーン)は、電動モビリティの自社ブランド「Kintone」シリーズの新型製品「Kintone X」の一般販売開始に先駆け、「BOOSTER」にて先行販売を開始いたします。
今回の「Kintone X」は、公道走行可能な電動自転車です。
   

Kintone X(キントーン エックス) 開発の背景

Kintone X

今までも、電動の自転車はありました。その中で公道を走れるようなタイプもありました。しかし正直、スタイリッシュではありませんでした。

「電動だから仕方ない」
「バッテリーが見えたり、モーターが見えたりするのが電動自転車だ」
「多少ダサくてもいいよ、電動自転車なんて機能重視。乗れればいいんだから」

そういう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私たちKintoneはこう考えました。

「電動自転車がかっこよくなり、乗っている人が誇れるようなスタイルになれば、もっと電動モビリティーが広まっていくのでは?」

「乗っているだけで写真に撮られてSNSで拡散されるような、そんなフォルムにすれば、乗っている人も電動モビリティーを誇れるのでは?」

そういう思いから、開発を決めました。

開発する際に達成すると決めたのは以下の4点です。

・完全電動で走行できること
・公道走行ができること
・安全性能や機能面を世界最強とすること
・とにかく、かっこいい!乗っている人が誇れるように、Kintoneらしく

そして、開発開始から苦節1年余り。
何台もの試作品を作っては破棄し、ようやく開発できたのがKintone Xです。

Kintone X(キントーン エックス)について

Kintone X

Kintone X(キントーン エックス)は公道走行可能な電動自転車です。
右側ハンドル部分にあるアクセスを手前にひねることで、ペダルを漕がなくても完全電動で発進します。
家庭用コンセントで充電することができ、「原動機付自転車」登録をすることで公道で走行することが可能です。

詳細
車体重量 : 30kg
電池重量 : 3.1kg
本体材質 : アルミニウム(A6061)
車輪サイズ : 20インチ
走行速度 : 9km/h・18km/h・33km/h (3段階)

電動走行距離 : 70-80km(体重65kgの場合)
走行可能斜度 : 25度
走行モード : マニュアル(自転車)モード、アシストモード、フルアシストモード
モニター : LCD液晶モニター
バッテリー性能 : リチウムイオンバッテリー48V/14000mAh(14Ah)

フル充電時間 : 5時間
モーター : BAFANG / バーファン 48V500W

最大積載 : 150kg
安全配置 : 前照LEDライト

最高時速 : 33km/h
変速ギア : Shimano310 / ShimanoTX-50
ペダル : 折りたたみ可能ペダル

サイズ(通常時)
長さ171cm x 幅 60cm x 高さ115cm(ハンドルまでの高さ)
長さ171cm x 幅 60cm x 高さ131cm(ミラーまでの高さ)

サイズ(折りたたみ時)
長さ91cm x 幅51cm x 高さ89cm

*サドルの位置が85cmと、比較的高い構造となっています。
地面に足がつかない状態での乗車は非常に危険ですのでご購入前にサイズをご確認ください。

Kintone X モード

Kintone X

Kintone Xはフル電動モードの他にも、以下のモードで走行することが可能です

-アシストモード
いわゆる電動アシスト自転車と同じ挙動です。ペダルの漕ぎに合わせて電動モーターがあなたの走りをアシストします。急な坂道もスイスイ、ラクラクと登ることが可能です。
-マニュアルモード
アシスト無しの通常の自転車モードです。
アウトドアなど、自力で走りを楽しみたい!という場面でで大活躍してくれるモードです。

この他にもたくさんのこだわりがある製品です。
詳細は、クラウドファンディングページを御覧ください。

Kintone X

Kintone X 試乗体験について

今回のクラウドファンディングは、BOOSTER STUDIO by CAMPFIREの協力により行われています。
本日から2月29日(土)までは、渋谷パルコ1FのBOOSTER STUDIOにてKintone Xを実際に見ていただくことが可能です。
「一度見てみてから支援するか決めたい」という方は、ぜひ渋谷パルコ1階にあるBOOSTER STUDIOにて実物をご覧ください。







ロードバイクカテゴリの最新記事