アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

第61 回 雪印メグミルク杯ジャンプ大会、2 月11 日(火・祝) 札幌市大倉山ジャンプ競技場にて開催

第61 回 雪印メグミルク杯ジャンプ大会、2 月11 日(火・祝) 札幌市大倉山ジャンプ競技場にて開催
雪印メグミルク杯ジャンプ大会は、冬の風物詩として1958 年の第1 回以来長きにわたり親しまれ、今年で61 回目を迎えます。成年組、少年組、ジュニア組、女子組と、幅広いジャンパーが参加し、これまでも、本大会で好成績を収め世界に羽ばたいていった選手も多く、「若手ジャンパーの登竜門」として重視されてきた競技会です。今大会より会場をノーマルヒルの宮の森ジャンプ競技場から、ラージヒルの大倉山ジャンプ競技場に変更し、スキージャンプの迫力をさらにお楽しみいただけるようになりました。

雪印メグミルク杯ジャンプ大会

雪印メグミルク杯ジャンプ大会

本大会ではジュニアジャンパーの育成に貢献したいとの願いから、未来のトップジャンパーを目指す北海道内のジャンプ少年団に所属する小中学生を招待し、国内のトップジャンパーが出場する競技会を生で観戦できる場を提供しています。

また会場内では社員による雪印メグミルク商品のサンプリング、選手がデザインしたオリジナルTシャツが当たるクイズや、じゃんけん大会などのアトラクションを実施し、ご来場された皆様が参加してお楽しみいただけるよう大会を盛り上げてまいります。

雪印メグミルク杯ジャンプ大会 概要

雪印メグミルク杯ジャンプ大会

●日 時:2月11日(火・祝)8:30~受付開始 9:00~国旗掲揚 9:30~試技開始 10:30~競技開始
●会場:札幌市大倉山ジャンプ競技場(札幌市中央区宮の森1274)
●競技内容:女子組、ジュニア組、少年組、成年組
●テレビ放映:2020 年2 月11 日(火・祝)15:44~16:38(HBC北海道放送)

雪印メグミルク杯ジャンプ大会

ページ: 1 2
   
   

アスリートカテゴリの最新記事