冬キャンプに欠かせないのが暖房器具です。いろいろなものがありますが、おすすめは石油ストーブ。かわいいだけじゃなく、コスパに優れ、調理も可能!薪やガスのストーブとは違う魅力がありますよ。おすすめポイントや選び方、イチオシの商品を紹介します。

冬キャンプに石油ストーブをおすすめする理由

冬キャンプ 石油ストーブ

石油ストーブがなぜ冬キャンプに適しているのでしょうか?コストや利便性の点から、おすすめする理由を紹介します。

ランニングコストが安い

燃料が灯油なので、薪ストーブなどに比べるとランニングコストが安く抑えられるでしょう。暖かさは薪ストーブに比べると少し劣りますが、コストパフォーマンスに優れています。

調理や照明に使う燃料を灯油にすれば、さらに利便性がアップするでしょう。たとえば、バーナーやランタンを灯油タイプにすれば、必要な燃料をひとつに絞ることができます。

簡単に使用できる

着火作業や燃焼中の操作が簡単です。燃料を入れておけば、ボタンかレバーを操作するだけで着火します。着火したあとは、薪ストーブのように薪を投入し続けなくてよいので、面倒なこともなく暖かさをキープできますよ。

調理ができる

薪ストーブほど火力は強くありませんが、天板を利用すれば調理もできます。じっくりと火を入れながら食べる鍋料理との相性がよいでしょう。お湯を沸かしたり、焼き芋を焼いたり、サブの調理器具としても便利ですよ。

冬キャンプ用石油ストーブの選び方

冬キャンプ 石油ストーブ

冬キャンプに適した石油ストーブはどんなものなのでしょうか?選ぶときに注目すべき3つのポイントを紹介します。

種類で選ぶ

石油ストーブは大きく分けると2種類あります。種類ごとに特徴が違いますので把握しておきましょう。

空間全体を暖める「対流式」

空間全体を暖める対流式のストーブは、レトロなデザインでおしゃれなキャンパーに人気。熱は上に向かう性質があるので、サーキュレーターで空気を撹拌すれば、より効率的に暖められます。また、取っ手やハンドル付きのものは持ち運びに便利です。

集中的に暖める「反射式」

熱を前方に放ち、直接的に暖めるのが反射式です。空間全体を暖めるには少し時間がかかるので、小型テントにおすすめ。対流式より価格が安く、手に入れやすいので、複数台使いたい人にも向いています。

大きさで選ぶ

ストーブのサイズが大きくなるほど暖かさは増します。適応畳数が記載されているので、それを参考にするとよいでしょう。人数やテントの大きさによりますが、ファミリーキャンプでは約7畳が目安です。

デザインで選ぶ

キャンプブームでアウトドア向けにデザインされた石油ストーブが増えています。従来、家庭用だった商品を、アースカラーにしたものや、ランタンのような形にしたものもあります。デザインが豊富で、お好みのカラーやサイズを選べるのはうれしいですね。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。