マリンスポーツのサーフィンは、一般的なイメージでは真夏がよいシーズンと思われています。しかし全国的に9月からの秋口のほうが、真夏よりも楽しめる日が多くなります。9月のサーフィンは水温も高く、初心者サーファーにもおすすめです!

9月の海はどんなコンディション?

サーフィン 9月 水温

9月からは真夏に比べて気温が下がってきます。一般の方は、海水浴シーズンも終わり9月に海に入る印象は薄くなってくるでしょう。

しかし、水温はまだ高くサーフィンするには快適なシーズンです。また波も全国的によいコンディションになる要素が多い時期でもありますので、これからサーフィンを始めたいという方にもおすすめです。
 

9月に着用するウェットスーツは?

サーフィン 9月 水温

9月は全国的にも水温が高く、ウェットスーツもほとんどの地域が比較的軽装になります。とくに、西日本の太平洋側では水温が25度以上の場所が多く、場所によっては9月でもトランクスや水着でも入れるでしょう。

西日本エリアではスプリングやロングスプリング、東日本でもシーガルやジャージのフルスーツがあれば快適にサーフィンができます。
 

9月のサーフィンがおすすめの理由

サーフィン 9月 水温

年中サーフィンを楽しんでいる中上級者サーファーの方には、9月からコンディションが良くなるのは周知のことです。

そしてこれからサーフィンを始める方にも、9月からの秋口はとてもおすすめの時期になります。そんな9月のサーフィンがおすすめの理由をいくつかご紹介いたします。

理由①水温が高いのでウェットスーツは軽装でOK

水温が高くウェットスーツが軽装でよいことは、初心者サーファーからすれば初期費用が少ないというメリットがあります。気温や水温が寒い時期のウェットスーツに比べると、ウェットスーツの初期費用は半分以下です。

また軽装でのサーフィンは、体も動かしやすく慣れない動作も練習しやすくなります。寒い時期の装備品よりもラクに着替えられることも、この時期ならではのメリットです。

理由②全国的に真夏よりも波が良い日が増える

9月は全国的に波のコンディションがよい日が多くなります。その理由は、水温が高く太平洋側で発生する台風の影響だったり、日本海側では秋口特有の北東風が吹き始めたり、波の上がる要素が真夏よりも増えてくるからです。

よいコンディションで練習するのは、サーフィンをより楽しむことができますし、上達するためにもプラスになります。

理由③海水浴規制が解除されてサーフィンエリアが広がる

7月から8月にかけては海水浴シーズンによる規制で、ポイント自体が封鎖される場所もあります。しかし、ほとんどの場所でその規制は、9月以降に解除され始めます。

そうなると、規制で入れなかったポイントでサーフィンが可能になり、海水浴客が少なくなることでサーファーとの接触事故のリスクも減ります。

さらに初心者サーファーには、夏時期よりも空いているポイントを狙いやすくなるというメリットがでてきます。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。