アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

サーフィンを始める前の基本ルールとマナー

サーフィンを始める前の基本ルールとマナー
春から夏は、サーフィンデビューする方も増えてくる季節。サーフィンを始めるためには、必要なギアを準備するのと同じくらい事前の知識も重要です。楽しくかつ安全にサーフィンライフをスタートさせるために、必要な基本ルールとマナーをご紹介します。

 

サーフィンの基本ルールとマナーはなぜ必要か?

サーフィン 基本ルール

魅力溢れるサーフィンですが他のスポーツとは違って、細かく管理されていない自然の海で一定間隔でやってくる波をサーファー同士でシェアする特性上のリスクが潜んでいます。

そのためサーフィンには全世界共通のルールがあり、シェアして楽しむためのマナーがあります。

これからサーフィンを始めるという方は、基本のルールとマナーはしっかりと理解したうえで海に行きましょう。

 

サーフィンの基本ルール

サーフィン 基本ルール

以下に記載する全世界共通の基本ルールがあるのは、事故やトラブルを未然に防ぐためです。

波に乗ったサーフボードのスピードは早く、それが万が一にも他のサーファーに接触した場合、怪我や命にかかわる事故になる可能性があります。そのため、基本ルールを全てのサーファーが共通認識していることが重要です。

①前乗り(ドロップイン)をしない

前乗り(ドロップイン)とは、すでに乗っているサーファーがいるのにそのサーファーと同じ方向にあとから乗る行為です。

サーフィンではワンマンワンウェーブ、一本の波に対して同じ方向に乗れるのは一人だけとされています。同じ方向に乗ると接触する危険性が高まるためです。

サーフィン中は、前乗りをしないように波と他のサーファーの動きに注意が必要です。

ただ、始めたばかりのエントリーサーファーが周りに注意しつつ海に入ることは、サーフィンに集中できず難しいでしょう。そうならないためには、混雑していないポイントを選んで入ることをおすすめします。

②波に乗っているサーファーのライン上に入らない

サーフィンはブレイクしていく波のフェイスでターンして、ボードをコントロールしながら乗りつないでいきます。そのように、沖から乗ってきているサーファーのライディングのライン上に入って、邪魔をしないようにしなければいけません。

これももちろん、接触の危険を回避するためです。

パドルアウトする時や波待ちをしている時に、他のサーファーの動きに注意しましょう。

③ピークからテイクオフするサーファー優先

ピークとは、その波の一番最初にブレイクする可能性のあるトップ部分のことです。基本的に、ピークから乗ってくるサーファーが優先となります。

その波へ自分より先にピークが近いサーファーが乗ろうとしていたら、次の波を狙うようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事