アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプ初心者のよくある失敗とは?事前準備や失敗しないための対策を紹介

キャンプ初心者のよくある失敗とは?事前準備や失敗しないための対策を紹介
キャンプ初心者は失敗がつきもの。キャンプ失敗あるあるを知っておけば、失敗を回避できます。どんなことが起こりがちなのか、どんな事前準備をすれば対処できるのかなど、詳しく紹介します。キャンプが楽しい思い出になるよう、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプ初心者が失敗しないための事前準備

キャンプ初心者 失敗

キャンプについての知識を持つ

キャンプの本や雑誌を読んだりキャンプ動画を観たりして、キャンプの具体的イメージをしておくとスムーズにキャンプが始められます。

具体的なイメトレでキャンプでの過ごし方やマナー、必要なギアなどの知識をもつことができます。

実際にキャンプを楽しんでいる人に話を聞くと、さらにキャンプを身近に感じられるのでおすすめです。

デイキャンプをしてキャンプのイメージを掴む

キャンプ初心者が実際にキャンプ場で宿泊するとなると、ハードルが高く感じてしまいます。イメージを掴むためにも、デイキャンプをすると実際のキャンプの雰囲気を感じられます。

どんなキャンプギアが必要なのか、足りないギアやあったらいいなというギアが見つかることもあります。

レンタル用品を利用してみる

キャンプ用具はレンタルできるので、最初からすべてを揃える必要はありません。

キャンプ場で貸し出しをしているところもありますし、事前に予約をしておいて自宅もしくはキャンプ場に届けてくれるレンタル業者もあります。

実際の使い勝手を試してみることもできるので、キャンプを始めたばかりの時期に、買ったけど使わなくなってしまった、というギアを減らすことができます。

キャンプ場の天気や気温を調べる

人里離れたキャンプ場は天気予報が正確に判断できない位置にあることもあります。標高の高いキャンプ場は近隣の街より気温が2~3℃下がり、天気や風向きも変わりやすいので注意が必要です。

初心者のうちはあまりに風の強い日など荒天時は、テントの設営がしづらかったりタープが飛んでしまったりする危険もあるので避けた方が無難です。

 

【設営編】キャンプ初心者のよくある失敗と対策

キャンプ初心者 失敗

テント・タープの設営に時間がかかる

はじめてのテント・タープ設営には想像以上に時間がかかります。事前に公園や河原などで設営の練習をしたり、設営動画でイメージを膨らましておいたりするとスムーズです。

風の影響で思うように設営できない

はじめての設営はただでさえ苦戦するのに、そこに風が吹くと更に設営は困難になります。思ったように設営ができずイライラするだけでなく、テントやタープが飛んで危険な状況になることも。

あまりに強風のときは、風が収まるのを待ったりキャンプ自体をキャンセルしたりして対処しましょう。

ペグが刺さらない

テントやタープに付属しているペグはプラスチック製や短いものが多く、地面に刺さらないということがあります。

硬い地面には鍛造ペグがおすすめ。また、ペグを打ち込むハンマーも耐久性や適度に重さがあるものが使いやすく便利です。

ページ: 1 2 3 4
   
   

キャンプカテゴリの最新記事