アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

スピードスケートの基本ルールや種目をご紹介【空気抵抗を極限まで減らして走る】

スピードスケートの基本ルールや種目をご紹介【空気抵抗を極限まで減らして走る】
頭まですっぽりおおわれたスーツを着て、さっそうと滑るスピードスケートは、まさに0.01秒を競うスポーツ。ここでは、スピードスケートの、ルールや種目、そして北京オリンピックでの日本人注目選手についてもご紹介します。

スピードスケートはどんな競技?

スピードスケート

スピードスケートの発祥はオランダ

オランダでは、冬になると川や運河が凍り、そこを行き来するための手段として木靴の底にブレード(刃)を取り付けたスケートが開発され、つかわれていました。これが、スケートやスピードスケートの発祥といわれています。

スピードスケートはタイムを競う

スピードスケートは、500m、1500m、10000mなど個人種目と、3人1チームとして、2チームで争う団体追い抜き戦である「チームパシュート」があり、1周400mのスケートリンクを周回して、どれだけ早い時間でゴールできるかを競います。

スピードスケートには、16人が一斉にスタートする「マススタート」という種目もありますが、こちらは全16周して、ゴールの着順で与えられるポイントで競います。

競技方式はダブルトラックとシングルトラックの2種類

スピードスケートには、ダブルトラックとシングルトラックの2種類があります。

ダブルトラックは、オリンピックなど公式競技会で使われている競技方式で、レーンを内側のインと外側のアウトの2つに区切り、2人の選手が1周ごとに、インとアウトを交代で走る方法。

いっぽうでシングルトラックは、日本独自の競技方式。ダブルトラックのように、コース上に仕切りがなく、複数の選手が一斉に滑走して競います。

ルールは種目によって異なる

スピードスケートは、個人種目と団体で行うチームパシュート、マススタートなど複数の種目があり、ルールもそれぞれ異なっています。

全種目共通ルールは、フライングについて。1回目のフライングはやり直しになり、2回目で失格になります。次に、種目別にルールを少しご紹介します。

個人種目

  • ダブルトラックでは、内側レーン(イン)からスタートする選手は白の腕章、外側レーン(アウト)の選手は赤の腕章を着用する。
  • 交差エリアでは外側レーンから出てくる選手に優先権がある。
  • 内側レーンの選手は、進路を妨げてはいけない。

チームパシュート

  • 3人1チームになり、3人全員がゴールした時点で完走。

マススタート

  • 4,8,12周目で中間ポイントとして、1位が5点、2位が3点、3位が1点が与えられる。
  • 同じようにゴールでも、順位によってポイントが与えられ、その合計で順位が決まる。

安全のためにスーツや防具の着用ルールもある

スピードスケートはスピードもでますし、腕やスケートが接触して転倒するなどのトラブルを避けるために、スーツや防具にもルールがあります。

500mなど個人種目につかわれるスーツは空気抵抗を減らすだけでなく、切れにくい耐切創(カットレジスタンス)生地を体の重要部分に配置しています。

伸縮性の高い生地を採用し、動きやすく、それでいて体幹を安定させてくれるデザインです。

転倒が多いマススタートは、ヘルメット、手袋、ひざあてなどの防具の着用が義務となっています。

またチームパシュートも最近のルール変更で、マススタートと同じように、安全のためにヘルメットなどの防具の着用が義務になりました。

 

スピードスケートの見どころは?

スピードスケート

スピードスケートの見どころを、ご紹介します。

予選などはなく本番一発勝負

スピードスケートは予選などはいっさいなく、本番1回の一発勝負です。選手はもちろんですが、見ている人たちも、これで勝負が決まると思うと、1回1回の競技がドラマチックなものに思えますね。

コンマ0.01秒を競う競技

スピードスケートはコンマ0.01秒を争うスポーツで、たった0.01秒の差で順位も変わってきます。

片方の足を先に出しながらゴールするようなシーンをみることがありますが、あれはスケートの先端がゴールラインに達した時点で計測されるためです。

ページ: 1 2
   
   

オリンピックカテゴリの最新記事