アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

プロギングはすぐにはじめられるSDGsスポーツ!身近なところからやってみよう

プロギングはすぐにはじめられるSDGsスポーツ!身近なところからやってみよう
「プロギング」という新しいタイプのスポーツをご存じでしょうか。プラスチックゴミによる海洋汚染が深刻で、近い将来おいしいお魚が食べられなくなるかもしれません。今回は、すぐにSDGs活動ができるプロギングについて、歴史や活動内容を詳しくご紹介します。

プロギングは新しいタイプのスポーツ

プロギング ジョギング

プロギングは、スウェーデン語のplocka upp(地面から拾い上げる)とjogging(ジョギング)を組み合わせてできた造語です。

その名のとおり、ゴミ拾いをしながらジョギングするスポーツのことで、北欧のスウェーデンから端を発して、世界中にひろまりつつあります。

プロギングの発祥や歴史について

プロギングは、2016年頃に北欧のスウェーデンでフィットネスのひとつとして始まったスポーツです。

「ゴミ拾いとジョギングを組み合わせた素晴らしいスポーツだから、世界にひろめようよ」と最初に言いだしたのは、スウェーデンのアスリートたちでした。

しばらくするとプロギングはヨーロッパで盛り上がり、いまでは世界100カ国以上で楽しまれています。

プロギングの日本での活動

日本でもプロギングがひろまりつつあり、さまざまな団体が立ち上がってきています。その代表格と言える団体が、一般社団法人「プロギングジャパン」です。

定期的なプロギングイベントや、SDGsの勉強会、プロギングリーダー検定試験などを実施しています。

プロギングジャパン公式サイト

※プロギングリーダー検定について

プロギングリーダー検定は、一般社団法人プロギングジャパンが開催している認定資格。安全で楽しいプロギングイベントの運営がおこなえる主催者を育成し、保証するための資格です。

認定プロギングリーダー検定

 

プロギングを行う際のルールは?

プロギング ジョギング

プロギングは思い立ったらすぐに始めることができるのが魅力です。ここでは実際にプロキングを行う際のルールについて説明します。

プロギングのルール①楽しくゴミを拾って走る

プロギングのルールはいたってシンプル。楽しくゴミ拾いをしながら走るだけです。

また、プロギングイベントに参加する際、終了後に拾ったゴミの重さを計測する場合がありますが、楽しくゴミ拾いをして走ることが目的なので、重量を競うことはないようです。

プロギングのルール②荷物をひろげている釣り人の近くはスルー

釣り道具をひろげている釣り人の周囲で行う際は、どれがゴミなのか判別しづらいことがあるので、その場合はスルーして通りすぎるようにしましょう。

プロギングのルール③プロギングはひとりでもできる

プロギングジャパンなどの団体が開催するプロギングイベントに参加する方法もありますが、いつものジョギングでゴミ拾いをするなど、ひとりで気軽に楽しむこともできます。

プロギングの発祥の地であるスウェーデンの公園には、プロガー(プロギングを楽しむ人という意味)専用のゴミ箱が設置してあり、ひとりでも気軽にプロギングが楽しめるようにしているそうです。

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事