ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スキムボードは子どもも手軽にできるおすすめマリンスポーツ!楽しむポイントやおすすめのスキムボードを紹介

スキムボードは子どもも手軽にできるおすすめマリンスポーツ!楽しむポイントやおすすめのスキムボードを紹介
スキムボードを知っていますか?スケボーやスノボーのようにバランスを取りながら波打ち際を滑るスキムボードは、子どもでも手軽に始められるマリンスポーツです!今回は、子どもがスキムボードを楽しむためのポイントやおすすめのスキムボードを紹介します。

スキムボードは手軽でバランス力も身につく子どもにおすすめのアクティビティ

スキムボード 子ども

おすすめポイント①準備するアイテムが少ない

サーフィンやボディボードに比べて、スキムボードには足ヒレやボードと自分を繋げるリーシュなども必要なく、準備するアイテムが少ないのがポイントです。

暖かい気候の時は、ウェットスーツがなくても、ラッシュガードにパンツタイプの水着でスキムボードを楽しめます。初期投資が少なくて済むのは親には嬉しいポイントです。

おすすめポイント②親が近くで見守れる

スキムボードは、基本的に波打ち際で楽しむスポーツです。サーフィンやボディボードのように沖に出なくてもできるので、子どもを近くで見守ることができます。

おすすめポイント③スケボやスノボの練習になる

スキムボードはマリンスポーツですが、どちらかというとスケボやスノボのような横乗り系スポーツの要素が強いアクティビティです。

スケボをやっている子どもには、いつもと違った新鮮な練習ができます。スノボが大好きな子どものオフトレにもぴったりです。

おすすめポイント④人と被らないスポーツを身に付けられる

オリンピック競技にも採用されているサーフィンやスケボに比べて、認知度がまだ低いのがスキムボードです。

しかし、波打ち際でトリックを決めるスキムボードはやっている人が少ない分、注目を集めやすいスポーツともいえます。

人と被らないスポーツをやらせてみたい人には、スキムボードはおすすめのマリンスポーツです。

 

子どもがスキムボードを楽しむためのポイント

スキムボード 子ども

スキムボードを子どもと一緒に選ぶ

スキムボードを購入する時には、子どもと一緒に選んでみることをおすすめします。

自分であれこれ迷い、考えながら選んだ方がボードに愛着が湧き、スキムボードを大切に、長く楽しんでくれますよ。

親も一緒に遊んでみる

子どもは親と同じことをしたがります。トリックは時間がかかりますが、波打ち際をスライドするのはそこまで時間がかからず習得できます。

120㎝前後のスキムボードであれば親子で共用することもできるので、一緒にトライするのも楽しいですよ。

スキムボードの映像を見せてみる

まだマイナースポーツのスキムボードは、ビーチへ行ってもお手本になる人がいないことも多く、やり方のイメージがないと、子どもはどうやって始めていいか躊躇してしまいます。

そんな時は、スキムボードの動画を事前に見せておくことをおすすめします。楽しそう!かっこいい!などの気持ちでチャレンジを続けているうちに上達していくこと間違いなしです。

スクールに入ってみる

波打ち際を滑れるようになったけれど、トリックがうまくできない、そんな時は、プロや経験者がいるスクールに入るのもひとつの方法です。

経験者に今の自分の状態やそれに合わせたやり方のコツなどを教えてもらえば、さらにスキムボードが楽しくなりますよ。

ボードの手入れを子どもにやらせてみる

スキムボードは、表のデッキ部分と裏面にワックスを塗る必要があります。これは滑り止めなどのためですが、ボードを長持ちさせるためでもあります。

ボードを自分で手入れすることで、自分の道具は自分でケアする、道具を大切に扱うという心の成長も促すことができます。

大切にしているボードで、トリックが決まった時の嬉しさは格別です。

サーフィンカテゴリの最新記事