ファミリーキャンプでの食事作りを子どもと一緒に作ってみませんか。おうちでは忙しくてなかなかさせてあげられないことも、キャンプなら時間がたっぷりあるからゆっくり一緒にできるかも!今回はキャンプクッキングで簡単に作る麺類メニューをご紹介します。

キャンプクッキングで気をつけたいこと

キャンプ 子供 麺類

キャンプで子どもと料理をするときに気を付けておきたいこととは、どんなことでしょうか。キャンプ中はバタバタと忙しくもあり、ついつい忘れてしまいそうになることってありますよね。

どんなことに注意が必要なのか、子どもと調理する際の注意点をもう一度一緒に確認してみましょう。

子どもと調理する際の注意点①包丁や火の取り扱い

初めて包丁や火を使ってお料理をする子どもは、どんなことが危険なのか予測がつかないものです。

力を入れなくてもナイフは切ることができる、手を添える位置によって怪我をすることもあるなど、大人が一度使って見本を見せながら伝えましょう。

また、アウトドアではシングルバーナーなど不安定なもので調理をする場合もあります。手を添えていてもひっくり返ることで危険につながることも考えられます。

服装についても家とは違ってアウトドアでは上着やレインコートを着たまま調理することもあります。そのため、袖口に火が移ってしまうことや、調理器具に触れて衣類が溶けてしまったりやけどをしたりということも。

危険を伝えながらも、あまり口うるさくならないよう、見守りながらサポートをしてあげましょう。

子どもと調理する際の注意点②手洗いなどの清潔面

ウォータータンクやウエットティッシュを用意し、調理前に手洗いをしっかり行いましょう。食事が完成した後もしっかり行うことで、食中毒などの危険を回避することができます。

ナイフやまな板も、食材が変わるたびに洗うのが理想的です。難しければ、まな板にはシートやキッチンペーパーを敷いたり、ナイフは除菌タイプのウエットティッシュで拭き取るなど、工夫しながら気を付けましょう。

子どもと調理する際の注意点③子どもから目を離さない

ナイフや火の取り扱いに慣れている子どもでも、アウトドアはいつもと気分や環境も違い、危険なことが起こりやすいものです。お料理をしている間は、子どもから絶対に目を離さずに見守りましょう。

口うるさくすることで、嫌気がさしてしまわないよう、必要な時だけ声かけしたりとさりげなく手を貸すなどのフォローができるといいですね。

子どもと調理する際の注意点④周りの人への配慮もわすれずに

ナイフを持って走り回ったり、刃先を人に向けてしまうことがないよう、じゅうぶんに目を配り声をかけましょう。刃物を扱う際の約束事を事前にしておくことも大切です。

また、周囲に人がいる場合は、うれしさや楽しさのあまり大声をあげたり、騒いだりしすぎないよう、気を付けましょう。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。