ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ロードバイクのBBってなに?初心者必見!ロードバイクの基礎知識

ロードバイクのBBってなに?初心者必見!ロードバイクの基礎知識
ロードバイクのBBは、ペダリングに関わる重要なパーツです。とはいえ、BBがなにかを知らない人や、BBってどこのパーツという人も多いのでは?ここでは、種類や素材などの基本的な知識から、選ぶときのポイント、交換方法についてもご紹介します。

ロードバイクのBBってなに?

ロードバイク BB

BBは、正式にはBottom Bracket(ボトムブラケット)といいます。名称が長いので、一般的にはBB(ビービー)とよびます。

場所は、漕ぐときに回転するペダルがはまっているところで、クランクシャフトを包むパーツです。

ロードバイク BB

ペダルを取り付ける柄の部分をクランクと言いますが、クランクシャフトは左右のクランクを繋げている部分で、上記画像では、筒状の箇所を指します。

あまり知られていないBBの役割は大切

BBの役割はいくつかあります。

  • フレームとペダルのバランスをとる
  • 効率的なペダリングにする

BBは、ペダリングの回転を軽くしたり、効率よく走るのを助ける役割があります。また、自転車のほぼ中心にあるクランクシャフトを包んでいるパーツということで、自転車全体のバランスを取る役目もしています。

BBの種類

BBの種類は、シャフトの形と素材で分けることができます。

シャフトの形

  • スクエアテーパー式
  • ホロテックⅡ形式

スクエアテーパーは、シャフトが四角いタイプ、ホロテックⅡは、シャフトが丸のタイプです。

大きく分けると2種類ですが、メーカーによって、シャフトのシェル内径や幅などが微妙にちがっているなど、実際はもっと数多くの種類があります。

BBの素材

BBの素材は、クロモリ(クロームモリブデン鋼)、ステンレス鋼、チタン、アルミ、カーボンなど5種類あります。強度でいうとカーボン、クロモリやステンレス鋼がよくつかわれていますが、値段はほかのものに比べると高め。

コスパがいいロードバイクにはアルミが多く、軽量性を考えるなら、チタンがおすすめです。

 

交換するタイミングは?

ロードバイク BB

BBを交換するタイミングは、次にあげるときを参考にしてみてください。

こんな症状があったとき

  • ペダリングするたびにBB辺りから変な音がする
  • ペダリングが重くなった(漕ぐときに、ひっかかりがある)
  • 回転が遅い

自転車に乗っているときに、上記のような症状があった場合は、BBの交換のタイミングかもしれません。BBを交換することで、ペダリングも軽くなり、ケイデンスを上げるのも、ラクにできるようになりますよ。

※ケイデンス・・・自転車において1分間のクランク回転数のこと。

1万km走ったら交換

基本的にBBは、とても丈夫なパーツだといわれます。しかし、1万km乗ったら、交換の時期だとざっくりと思っていたほうがいいでしょう。

BBを外して、汚れをとったりすると、状態がよく分かりますし、破損はしていなくても1万km乗ったら、そろそろ寿命かなと思っておくと無難です。

自分ではわからない場合は、サイクルショップに持っていってチェックしてもらいましょう。

ロードバイクカテゴリの最新記事