ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

冬キャンプはあったかい飲み物がベスト!冬キャンプ用マグカップの選びかたとおすすめを紹介

冬キャンプはあったかい飲み物がベスト!冬キャンプ用マグカップの選びかたとおすすめを紹介
冬キャンプであたたかい飲み物でひと息つきたくなるときに欠かせないマグカップ。せっかくならお気に入りを見つけてみませんか?今回は冬キャンプに使いたいマグカップの選びかたとおすすめを紹介します。

冬キャンプ用マグカップの素材とは

冬 キャンプ マグカップ

キャンプ用マグカップの素材はおもに

  • チタン
  • ステンレス
  • ホーロー
  • プラスチック
  • 木(木を使った加工素材ふくむ)

上記のものがあります。

それぞれの素材には特徴があり、キャンプシーンによって選びかたも変わってきます。では、冬キャンプ用マグカップはどういった選びかたをすれば良いのか、説明をしていきたいと思います。

 

冬キャンプ用マグカップの選びかた

冬 キャンプ マグカップ

冬キャンプ用マグカップ選びはどんなところをみていけばよいのでしょうか。

冬キャンプ用マグカップの選びかた①保温性がある

冬キャンプで使うときいちばん重視したいのは保温性です。保温機能があると、外気温が低い冬でもあたたかさを長いあいだ保つことができます。

保温性にすぐれた素材にはチタンがありますが、熱伝導率が低いので内部の飲み物をあたたかく保ってくれます。取っ手や飲み口が熱くなりにくいので火傷の心配もありません。

また、ステンレスもチタンと同じくポピュラーな素材です。保温性はありますが、チタンに比べると劣ります。耐久性が高く丈夫なため、初めてのマグカップにピッタリです。

冬キャンプ用マグカップの選びかた②直火にかけられる

キャンプ用のマグカップには、直火にかけられるものがあります。チタンのマグカップには直火OKなマグカップがあります。

マグカップを直火にかけられると、冷めてしまってもあたため直すことができたり、クッカーとして利用したりとキャンプ心をくすぐる使いかたができます。

注意したいのは、二重構造(ダブル構造)のものは絶対に使わないようにしてください。二重構造は金属と金属の間に空気があり火にかけた際、内部の空気が膨張・爆発する恐れがあります。かならずシングル構造で直火OKと書かれているものを使って下さい。

また、ステンレスも直火で使えますが、大変高温になるため、直接口をつけて飲む場合などはチタンのほうがおすすめです。チタンも直火での使用の際はじゅうぶん注意してください。

冬キャンプ用マグカップの選びかた③持ち運びが楽なもの

アウトドアでは持ち運びに便利なマグカップはとても重宝します。とくに、登山など長時間行動する際には、携行性は重要なポイントになってきます。軽量だと荷物を軽くしたい登山やトレッキングなどにもピッタリ。

大人数のグループキャンプのときは荷物が多くなりがちなので、コンパクトにスタッキングできるタイプのもの、または取っ手が折りたためるものがおすすめです。

また、蓋つきのものは表面からの放熱を防げるため長く保温することができ、倒してもこぼれにくく、ちょっとした移動のときやオフィスでも使用できます。

冬キャンプ用マグカップの選びかた④丈夫で壊れにくい

マグカップに限らずアウトドアで使用するキッチンウエアでは、丈夫さも大切です。うっかり落としてしまった時に、石の上など硬い地面でも割れないような素材が求められます。

家で使う陶器やガラスが、アウトドア向きではないのはこの点が合わないからでしょう。丈夫な素材と言えばステンレスがまずあげられます。ステンレスは耐久性が高く、アウトドアに向いている素材としてよく使われます。

同じように丈夫なチタンに比べて加工が容易なため、ステンレスの方がコストパフォーマンスがいいのも魅力です。

また、金属にガラス質をコーティングして作るホーローも、耐久性・耐酸性・耐食性に優れているので、アウトドア向きの素材と言えるでしょう。

チタンやステンレスに比べて金属臭が出にくいので、コーヒーなど繊細な味や香りを楽しみたいかたはホーローがお気に入りという人も多いようです。

冬キャンプ用マグカップの選びかた⑤おしゃれなデザイン

最近では、グランピングなどのおしゃれな雰囲気を楽しむアウトドアも人気です。グランピングに似合うおしゃれなギアも最近は増えてきています。

ホーローはポップなカラーリングや、かわいいロゴなど写真映えするデザインが多く気分を盛り上げてくれます。おしゃれなマグカップでは、木・木加工素材などを用いたものも人気があります。

熱い飲み物をいれても熱くなりにくいという実用性もあり、自然の雰囲気に溶け込んで、ほっこりとリラックスした気分になりますよ。

同じアウトドアブランドのキッチンウエアでそろえると統一感がでて、スタイリッシュなキャンプサイトを演出できます。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,599 (2021/10/16 07:10:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
イーピーアイ(EPI)
¥2,373 (2021/10/16 07:10:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,291 (2021/10/16 18:25:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カクセー
¥1,273 (2021/10/16 07:10:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,540 (2021/10/15 21:32:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KUPILKA(クピルカ)
¥3,080 (2021/10/16 18:25:03時点 Amazon調べ-詳細)
 

キャンプ道具カテゴリの最新記事