海は青いと言われますが一口に「青い」といっても、コバルトブルー、インディゴブルー、エメラルドブルー…など、海にはさまざまな「〇〇ブルー」があります。場所や時間によってまったく違う青色に変わる海の色のひみつに迫ってみましょう。

なぜ?海水は透明なのに海の色が青い理由

海の色

海水は透明なのに、どうして海は青く見えるのだろう?そんな素朴な疑問を持ったことがある人も多いと思います。実は、海が青く見えるのは「光と水の関係」が大きく関わっているのです。

まず、太陽の光は白く見えていますが、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の光が混ざることでて白い光をつくり出しています。光の色は波長の長さの違いで区別され、赤(赤外線)の波長がもっとも長く、紫(紫外線)がもっとも短いとされています。

そして、水は波長の長い光から、赤→オレンジ→黄→緑→青の順番に吸収する特質を持っているため、太陽光が海や湖に差し込むと赤系の光が真っ先に吸収されていき、最後に最も吸収されにくい青が残るのです。

たとえば、海の中で青紫色に見えるサンゴに水中ライトなどで光を当ててみたら真っ赤だった、なんてことが起こります。つまり、水に吸収されない青系の光が水中の浮遊物などに乱反射し、さまざまな方向に散らばることで人間の目には海が青く映るのです。

場所によって海の青色が違う理由

海の色

場所によって青の色が違って見えるのは、海の深さや海底の色、海水に含まれるプランクトンの量など、さまざまな要因が関わってきます。

上の写真のように海がグラデーションのように色が変わって見える場所がありますが、これは水深の違いと海底の色の違いによるものです。

水深が浅い沿岸付近は、太陽光が海底まで届いているため海底の城砂が透けて見え、明るいスカイブルーに見えます。ですが、陸から離れるほど水深は深くなり、赤系の色は吸収され濃いインディゴブルーが広がっています。

また、同じ青でもエリアによっても海の色の見え方が異なり、沖縄の慶良間諸島では「ケラマブルー」、 小笠原諸島では「ボニンブルー」、八丈島では「八丈ブルー」などと呼ばれています。これは海底の色の違いやプランクトンの量が大きく関係しているのです。

さらに、プランクトンの増加で海の透明度が悪く緑色に見えるなど、春濁りのように季節によっても海の色は変わってきます。

海の色は空の色を反射したもの?

海の色

ときどき「海が青いのは、空の色が青いから」といった話を耳にすることがあります。しかし、「光と水の関係」が分かれば、この解釈は間違いだったということに気づくでしょう。

ただし、夕方になって海が夕焼け空を反射してオレンジ色やピンク色に見えたり、明け方に紫色に見えたりすることも事実です。また、空に浮かんでいる雲の影が水面に反射して、水深に関係なくところどころで海が深い青に見えることもあります。

このように海は、時間や場所、時期、空模様によってもまったく違った色に見えるのです。

 

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。