ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

ウミガメに会いたい!日本国内でウミガメに会えるダイビングスポット

ウミガメに会いたい!日本国内でウミガメに会えるダイビングスポット
   
日本には高確率でウミガメに会えるダイビングスポットがたくさんあります。しかし、スポットによって出会えるウミガメの種類は違い、その生態系も大きく異なります。そんな不思議なウミガメの実態とおすすめのダイビングスポットをご紹介します。
   

日本で見られるウミガメの種類

ウミガメ ダイビングスポット

 

ウミガメはオカザメ科とウミガメ科に分類され、オカザメ科はオカザメ1種、ウミガメ科は6種、全部で計7種のウミガメがいます。

このうち日本近海で見られるウミガメは5種類で、ダイビング中に出会える確率が高いのがアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイの3種になります。

これら3種は主に頭の形と甲羅で見分けることができます。

  • アオウミガメ: ダイビングでもっとも目撃する機会が多く、浅い場所にも生息しています。見た目の特徴は体に対して頭部が小さく、小型の個体には甲羅に朝日模様があります。
  • アカウミガメ:沖合で見かけることが多い種類で、体に対して大きな頭部が特徴です。また、甲羅には藻が生えていたりフジツボが付着していたりすることが多く、ヨコエビやワレカラなども付着しています。
  • タイマイ:サンゴ礁で多く見られ、尖ったくちばしでサンゴ礁の間のカイメンなどを食べています。甲羅は美しいモザイク模様で後部がキザギザしていることが多いのが特徴です。

 

 

created by Rinker
¥5,500
(2020/05/31 05:49:23時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

ウミガメの産卵場所の違い

ウミガメ ダイビングスポット

 

ダイビングで会える3種のウミガメは、日本の砂浜に上陸して産卵していますが、産卵する地域が少しずつ違っています。

本州から沖縄まで最も幅広いエリアに上陸するのはアカウミガメです。

なかでも屋久島はウミガメの一大産卵地となっています。

5~7月の産卵時期になるとダイビングでアオウミガメにも会えるし、夜には産卵シーンを観察することもできます。

アオウミガメが最も多く産卵するのは小笠原です。

そのほか屋久島より南の暖かいエリアが産卵場として知られていますが、最近では伊豆大島や薩摩半島でも産卵が確認されています。

タイマイの産卵地は生息域である奄美大島以南のサンゴ礁の海で、八重山諸島では毎年産卵が確認されています。

何の場所でも5~8月の夜から明け方にかけて産卵が行われるので、機会があればルールとマナーを守って観察してみましょう。

 

 

ウミガメの食べ物の違い

ウミガメ ダイビングスポット

 

ダイビングで会える3種は食べ物がそれぞれ異なり、アオウミガメは海藻や海草など、アカウミガメは貝殻やヤドカリなどの底生生物、タイマイは海綿を主に食べています。

こうした食べ物の違いから、アオウミガメは海藻などを千切りとりやすいようにくちばしがギザギザしており、アカウミガメは硬い殻などを噛み砕けるように大きくて丈夫な顎を持っています。

タイマイのくちばしが尖っているのは、サンゴの間にある海綿を食べやすいためなのです。

 

 

ウミガメは絶滅危惧種

ウミガメ ダイビングスポット

 

ダイバーの間では、ウミガメは比較的出会う確率が高い人気者ですが、 実はシロナガスクジラと同じくらいのレベルで絶滅の危機に瀕していると言われています。

国際自然保護連合(IUCN)レッドリストには、タイマイとオカザメが絶滅危惧ⅠA類に、アオウミガメ、アカウミガメ、ヒメウミガメが絶滅危惧ⅠB類に区分されています。

国際的にも、絶滅の危険性が高い生き物として広く認識されているのです。

 

 

ミッション・ウミガメ・レスキュー/カレン・ロマノ・ヤング/田中直樹日本版企画監修松沢慶将【1000円以上送料無料】

 







created by Rinker
¥5,500 (2020/05/31 05:49:23時点 楽天市場調べ-詳細)
ミッション・ウミガメ・レスキュー/カレン・ロマノ・ヤング/田中直樹日本版企画監修松沢慶将【1000円以上送料無料】

ダイビングカテゴリの最新記事