半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

スケートボード初心者でもすぐできる!カッコ良いトリックを3つ紹介します

スケートボード初心者でもすぐできる!カッコ良いトリックを3つ紹介します
   
スケートボードに乗るなら「オーリーできなきゃカッコ悪い…」と思う方は多いですが、オーリーができなくても、「っぽく見える」カッコ良いトリックがあることをご存じでしょうか?今回はそんな「初心者に見えないカッコいい技」を3つご紹介します。
   

スケボー初心者でも可能なトリック:チックタック ~これであなたも波乗りボーイ~

 

1.ボードの後方に重心を置いて、前輪を浮かせる

2.前輪が浮いた状態で、ノーズ(ボードの先端)を左右に振る

ボードを左右に振って前進するチックタックは、スムーズにできるようになれば、まるで波に乗っているような感覚を覚えます。

一気にライディングが楽しくなるトリックです。

動画にもありますが、チックタックで一番むずかしいのは「前に進む」ということ。

ほとんどの人は、ノーズ(ボードの先端)を左右に振れてもボード自体がうしろに下がっていってしまいます。

そんなときは、ボードを前進させる練習をしましょう。

ノーズを振らずボードを真っすぐ地面に着け、テール(ボードの後端)を押します。

そして、上半身を前後に振り、膝をうまく使って押し出しましょう。

前進できたら、あとは同時にノーズを左右に振ります。

また、頭の位置も重要です。

お手本を見るとわかりやすいですが、下半身が左右に振れても頭は振れず常に一定になっています。

慣れてきたらリズム良く左右に振ると良いですよ。

動きがより滑らかになり、地面の上を滑っているように見えます。

このトリックができるようになると、スケボーを手に持つことが格段に少なくなるはずです。

パークでも街中でも、ボードに乗って颯爽と進みましょう。

 

 

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) キッズプロテクターセット ブラック×オレンジ DFP183-BK

 

 

スケボー初心者でも可能なトリック:マニュアル ~前輪ウイリーも出来ちゃう~

 

 

1.ボード後方に上体を傾けつつも、身体全体の重心はボード中央に置く

2.目線は下方向ではなく、進行方向へ

マニュアルとは、簡単に言うと「ウイリー」のことです。

前かうしろのどちらか片一方を上げたまま走って進みます。

プロスケーターもトリックの合間に多様するほどカッコ良いトリックです。

マニュアルでもっとも重要なポイントは「重心の位置」です。

動画で説明されているコツはすべて、重心を正しい位置に置くためのものといっても過言ではありません。

マニュアルは、チックタックができてから挑戦すると成功しやすいでしょう。

というのも、チックタックには前輪を上げる動作が含まれているからです。

前輪を上げたうえで左右に振るのがチックタック。

左右に振らずに前後のバランスを保ち続けるのがマニュアルです。

どちらのトリックも、うしろ足は固定して身体を支えるだけ。

ボードを左右に振ったり、バランスの微調整は前足で行いましょう。

いきなり長い距離に挑戦する必要はありません。

まずは短い距離から、目標物を決めて徐々にウイリーの距離を伸ばしていくのがおすすめです。

マニュアルは腕の動きが大きいので、とてもダイナミックに見えます。

中級、上級とステップアップしても使うトリックなので早めにマスターしておきましょう。

 

 

 

 

スケボー初心者でも可能なトリック:ショービット ~華の回転ワザ~

 

 

1.後ろ足をテール(ボードの後端)に掛ける

2.少しかがんで、膝を伸ばすと同時にテールを自分の背中の方へ蹴り下げる

3.180度回転したボードの上に前足、後ろ足の順に着地する

ボードから足を離して、クルっと回転するボードにサッと降り立つトリックです。

見事に着地できるとかなり見応えがあります。

はじめに挑戦するときは、正直オーリーよりも怖いと思います。

オーリーは失敗してもボードの上面、ほぼ真ん中に着地しますが、ショービットはボードのどこに着地できるか分からないからです。

最初はお手本のようにボードはキレイに回りません。

ボードの端に着地して、スネや足首を痛めることもあるでしょう。

そうならないために、回転の軸をボード中央に据えるイメージを持ち続けることが重要です。

回転の軸が中央からずれてしまうと、回転不十分の原因になります。

綺麗にボードが回ったあとの着地ですが、前足を着けたあと後ろ足の着地が良いでしょう。

前の方が見えやすいということと、両足同時着地に比べて怖くないからです。

まずは、ボードを走らせずに止まった状態からスタートし、慣れてくると少し走らせ、徐々にスピードを上げていくのがおすすめです。

走りながら成功できると街中でも使えます。

まずは平らな道の上で、さらに慣れてきたらちょっとした段差をショービットで降りてみましょう。

次はその段差にオーリーで登りたくなりますよ。

 

 

 







スケートボードカテゴリの最新記事